teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


加齢によるものか?

 投稿者:田上 健  投稿日:2018年10月12日(金)05時20分48秒
返信・引用
  佐々木さん 失礼いたしました URLをクリックして 小島慶子さんの文章をプリントアウトしました。手元にペーパーがないと内容を理解できないのです トホホ、、それで内容を良く理解できたのか?「井の中の蛙大海を知らず」の私は「古池や蛙飛び込む水の音」の日本人の情緒はわかるのですが、、明日は立英会総会、明後日は卒後50年の集い(招待)、二日続けてのキャンパス通いです LAから、パリから、帰国して出席のESS同級生、再会が楽しみです 何か支離滅裂になりました。  
 

まだ大丈夫?

 投稿者:佐々木公一  投稿日:2018年10月 9日(火)20時22分3秒
返信・引用
  下城さんの感性にはいたく感心致します。奈良駅に向かう電車に乗り、中国人の若い女性に席を譲られた話を前に投稿いたしましたが、田上さんの投稿にもありますように何故か席を譲ってくれるのは女性が多いように感じます。男性は恥ずかしいのか、ただ面倒くさいのか、周りの世界に興味がないのか席を立ってどうぞという人は少ない感じがします。前を開けたまま前に行ったおじさんのお話、他人事に思っている内はまだ大丈夫ですかね。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20181007-00097925/

 

(無題)

 投稿者:下城 雄三  投稿日:2018年10月 9日(火)14時51分35秒
返信・引用
  佐々木さんご紹介の小島慶子氏の記事、読みました。
「変わった日本語に耐性を」は確かに大切なことでしょうね。
おかしな日本語を笑いのネタにするのは止めたいものです。
こういうことを言われないと気付かないとは、まだまだ未熟です。反省。

田上さんの車内で席を譲られた件、少しガッカリ......気持ちは判ります。
相手が若い美しいお嬢さんだったから素直に受け入れた?のでしょうか。
いずれにしても申し出を素直に受け入れた田上さんは偉いと思います。

親切な気持ちが上手に伝わるには、言う側と受ける側の正しい理解が必要です。
ちょっとした誤解があると、こんなことが起こります:
 ある日、少しだけ混んだ車内で座っていると、オジサンが乗って来て目の前に
立ちました。ふと目を上げると、ズボンのチャックが開いたままでした。
親切のつもりで「前が開いてますよ」と小声で知らせてあげたところ、
オジサンは、前の車両が空いていると勘違いして、前方車両に移動して行きましたとさ。
 

前期高齢者最終年

 投稿者:田上 健  投稿日:2018年10月 9日(火)02時34分43秒
返信・引用
  私は現在74歳半ば、、先日、横浜市営地下鉄に乗車しました。少し混んでいましたが、後ろから肩をトントンと叩かれ振りむきました。美しいお嬢さんが「どうぞ」と席を空けてくれました。「どうもありがとうございます」とその席に座りました。その翌日、また地下鉄に乗り今度も若い美しいお嬢さんの前に立ちましたが(わざとではありませんぞ)、私の顔を見て直ぐ立ち上がり「どうぞ」。この出来事を妻に話したら「あなたはいつも姿勢が悪く背筋を真っ直ぐ伸ばしていない老人よ」私は老婆に話さなければ良かったと後悔しました。今まで私より年配の方に席を譲ってきましたが、譲られたのは初めて、それも2日続けて。老人であることを自覚しました。少しガッカリ、、皆さんは経験済み?先だった方々のことを思いながら、長生きとはこのようなことと、、、  

変わった日本語に耐性を

 投稿者:佐々木公一  投稿日:2018年10月 7日(日)19時26分1秒
返信・引用
  添付ファイル、小島慶子の記事です。興味深い論点からのお話で、ふむふむと納得する点がありました。お暇なときにご参考まで。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20181007-00097925/

 

4年経ちますね。

 投稿者:高辻清長  投稿日:2018年10月 6日(土)10時45分8秒
返信・引用
  そうですね。4年経ったのですね、ということは、舟山さんが亡くなってから約4年半ですね。岡本の7ヶ月前の3月3日に逝ってしまったのですから。二人とも私が退職した年でしたから、私のリタイヤメントからも約4年経ったということです。個人的には、いつも重ねて考えてしまいます。  

一日遅れですが

 投稿者:下城 雄三  投稿日:2018年10月 5日(金)19時11分4秒
返信・引用
  昨日10月4日は45年卒の岡本靖司君の命日でした。
命日は先に逝った友人を想い出す日ですね。
もう4年なのか、まだ4年しか経ってないのか、
いずれにしても彼の笑顔が懐かしいです。 合掌
 

鹿、鹿、鹿

 投稿者:佐々木公一  投稿日:2018年 9月16日(日)16時18分49秒
返信・引用
  奈良公園には約1200頭の野生のシカが人間に馴れた状態で闊歩しています。主に草や若木の樹皮などを食べています。彼らは平均一日1Kg程度の糞を排泄します。これらは自然の堆肥となり植物の生長を助けています。合計一日1.2トン。年間438トン。小型1トントラックの制裁量は平均900Kg。年間487台分の量となります。実際には堆肥となるには量が多すぎ、処理しないとやがて奈良公園は鹿の糞でおおわれてしまいます。然し公園には鹿の糞を運び出すトラックは走っていません。代わりに50種類を超す美しい体皮をつけた「糞転がし」と呼ばれる昆虫が、掃除を担当しています。鹿の糞を自分の巣穴まで転がしてゆき幼虫の餌にするのです。奈良公園を訪れる外国人、特に毎週、時には数日おきに自宅前の芝刈りを行っている米国人は綺麗に刈り込まれている公園の緑に感心し、手入れが大変だろうと質問される事があります。自然芝刈り機のおかげで人件費はかかっていませんと説明しています。人間と一緒に青信号を待って横断歩道を渡る鹿達ですが、たまにパトカーの前を信号無視して横断しても交通違反切符は切られません。住民税も市民税も払わない鹿を天然記念物と保護している所以か。
 

奈良の鹿はなんでもできる!

 投稿者:佐々木公一  投稿日:2018年 9月13日(木)17時44分45秒
返信・引用
  奈良の鹿は人間の行動を見守っています。自動販売機も扱うもしれません。  

何故英語が上達しないか

 投稿者:佐々木公一  投稿日:2018年 9月10日(月)22時12分4秒
返信・引用
  出典迄記載した格調高い正統派の投稿、素晴らしい。大爺の反応が楽しみです。

「しかるに、なんとまぁ、日本人の多くは英語が上達しないのでしょうか!」
同じ疑問を小生も長らく共有していました。
上達しない理由の一つに、警察通訳をしていて「日本は米英に植民地化されなかったから」だと最近思うようになっています。大英帝国植民地だったところの国民は皆さん英語が上手です。 人間必要に迫られればそれへの対策を練ります。150年間国民全員が英語に精通する必要が日本にはなかったからではないでしょうか。アメリカ駐在時代、新規に駐在員として赴任してくる若手がからっきし英語ができずお客様含め現地人とのやり取りがまるでなっていない連中に手を焼いたものでした。半年も経過するとそれなりに意思疎通が可能なレベルになりました。(本件では大津先生と太平洋をまたいで、いちゃもんのつけあいメールの交信をしました。)必要があれば、本人にやる気があればなんとかなるのではと、あまり深入りはしないことにしております。
 

レンタル掲示板
/123