teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/148 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ミュージカル2本

 投稿者:稚菜  投稿日:2005年11月13日(日)00時26分19秒
  通報
  ミュージカルは映画でしか観た事がなかったのだけど、今回はブロードウェーで何かみたいなぁ、と思っていたら、ちょうど好きそうなのをやっていた。

‘Hairspray`
http://www.hairsprayonbroadway.com/
「1962年のボルチモアを舞台に、高校生のちょっと太めのトレーシーはTVスターを夢見ているのですが、偶然にTVショー出演のチャンスを獲得。その裏の人種差別に気付く。そして彼女は町で一番キュートな男の子の愛を得る事が出来るのでしょうか。ジョン・ウォーターズのヒット映画を元にした、60年代の幕開けを象徴するコメディミュージカル。ベストミュージカル賞をはじめ、8部門でトニー賞を受賞」
というような内容説明があったのですが、非常に歌とダンスにあふれた、そして非常に衣装も可愛いミュージカルでした。
まさに、ダリアンとかニックが一番好きそうな時代のファッションに身を包んだ女の子が沢山出演していた。
もし英語が全然分からなくても、大いに笑える展開が満載なのでお勧めです。日本語での解説も利用できるそうです。
TKTSでチケットを買えばかなり安く観られました。

今日は偶然CMで知ってびっくりしたOn Broadwayの‘Jersey Boys`ですよ!なんとこの滞在中にプレビューがはじまったばかりの新作ミュージカルなのだ!!場所は、昨日のニール・サイモン劇場の真向かい。
http://www.jerseyboysbroadway.com/?OVRAW=jersey%20boys%20on%20broadway&OVKEY=jersey%20boy%20broadway&OVMTC=standard
サブタイトルが‘The Story of Frankie Valli&The Four Seasons‘とあるように、内容は↓
「フォーシーズンズの誕生から全米トップに上り詰めるまでの軌跡を数々のヒット曲を織り交ぜながらつづる。リードボーカルのフランキーはイタリア系移民の子供としてニュージャージーに生まれた。貧しさを乗り越え、歌手になる夢をつかんだフランキーと3人のサクセスストーリー」
というもの。
始まったばかりでまだクーポンも出てないので、昼に足を運んでチケット取り。すごい並んでるんですけど?しかも年齢層高ーい高い。正直、かなり浮いている。(笑)
オーケストラシート$115.25。高いといえば、高い。
でもこの時代の音楽とあの歌声を生で、そして彼らの人生を知りつつ聴ける機会なんて本当にこれから無いと思うんですよ。
ちょうど滞在の最終日にあたるこの日、NYに居る間に絶対に見たかったので、高かろうと何だろうと絶対に観ると決めていました。

いざ8時、会場に再度向かうと平均年齢軽く60代超えてる。Brianのライブなんかよりはーるかに上なんですよ。(笑)
でもね、思いました。だってこの音楽をリアルタイムで聴いていた人達が観に来ているんだもの、そりゃあそうですよね。
そして私の席、当日券なの最前列ど真ん中から3つ左寄りという、かぶりつき。(笑)
隣のおばあさんと「首がいたくなりそうですねー」「ほんと、こんな前で観るの初めてですよ」「当日券取っちゃいましたからねぇ」「あら、やっぱりそう?私もよ」とか話してたんだけど、始まっちゃえばぜーんぜん!!
汗の一粒まで見える距離で歌い踊るのを見られるのはすごい迫力で。

しかもフランキー・ヴァリのあの音域で歌える役者がいるなんて!!!!‘Sherry`や‘Big Girls Don't Cry‘の後は、拍手がしばらく止まなかった!!!歌とその表現力に対する感動と、それへの拍手喝采に感無量な役者の表情。
涙で目が潤みましたね。
その他、憶えているだけでも‘Walk Like A Man‘‘My Eyes Adore you‘‘Dawn‘などなど。

ステージからもよく見えるのか、Bob Gaudio役の人と何度かはっきりと目が合い、笑っていたのが印象的。
なーんせ目の前1mくらいの至近距離。若い東洋人1人が最前列でニコニコと見ているのが目立ったのではないかと。(爆笑)
終わってみたらおばあさんと、「この席、ベストじゃないの!!」とか言って。(笑)
「でも、どうしてあなたがこの音楽を知っているの?だって私達の世代の音楽じゃない?!あなたまだティーンエイジャーなのに」
「(東洋人はそりゃ若く見えがティーンになるのかー!とびっくりしながら)ええーでも私の友達なんかも好きな人多いですよ。こういうコーラスの綺麗な50年代や60年代のサウンドって」
「えーーー!!それは驚きだわ!まぁなんて素晴らしいの!あなたの隣に座れたのって奇跡だわ!ねぇ、次はいつNYに来るの?」
「出来れば来年の春ごろにまた来られたらいいなって思ってるんですけど」
「じゃあ、また来年の春に、この会場で、一番前の席で、隣同士で観ましょうね♪」
・・・・って、もうはしゃいじゃって超可愛かったです~。
多分その夜はフォーシーズンズを聴きかえして眠りについたんじゃないかな?
本当に可愛らしい人でした。
いやーほんとうに観て良かった・・・。

今日のBGMはもちろん彼らのアルバムでした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/148 《前のページ | 次のページ》
/148