teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


さつまいもラテ

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月25日(日)14時00分1秒
  久々に美麗(韓国漢方カフェ)でコグマ(さつまいも)ラテを飲みました

ほんのりとした甘さが私好みです

素材(さつまいも)の持つ甘みなので、口当たりも優しく感じます

一緒に出された韓国菓子は、クッキーと餅との中間的な食感で

こちらもほんのりとした甘さがあります

菊花の形で可愛らしいですね

以前、韓国のスーパーで私もお土産用に買って帰ったことがあります


こうして何かしら“おまけ”のように出てくるあたりが

韓国っぽい、と言えば韓国っぽいですね


少々疲れた体にこの甘さが染み入ります


 
 

おまけ

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月24日(土)17時32分16秒
  大久野島からフェリーで盛港に到着すると

予約していたタクシーが待っていてくれました


折角だから「大山祇神社」に立ち寄ってみよう、ということになり

タクシーで神社に・・・

約10分程で神社に到着です

運転手さんにバス停(せとうちバス)を教えて貰ったところ

神社のまん前がバス停でした(ラッキー)


約30年程前に一度訪れたことがあるだけで

今回の再訪が2度目です

入り口から一歩神社に入ると

目の前に「大楠」が鎮座していました


その姿は、数十年前の記憶の中にあるその姿と

ちっとも変っていません

大楠なのに、境内が広すぎてさほど大きくも感じないけれど

近づいてみると、やっぱりオオキイ・・・!


奥に進むと、記憶の中の様子とちょっと違って感じる

何せ30年ぶりだから、記憶も定かでないところはあるけれど

拝殿の前の門の木肌が新しいので、修復でもしたのかなと

その時は思っていたのだが、後日調べてみると

2010年に再建された「総門」でした

それで、雰囲気が違って見えたんだ・・・


約30分程お参りをして、気持ちも清々しくなったところで

目の前のバス停から松山へ直行


今回の旅は、交通費・宿泊費・お土産代 等々

全部合せても二万円弱の出費で済みました

距離も経費もお手頃で楽しい四人旅でした



 

うさぎの楽園 終

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月23日(金)22時33分47秒
  島を半周ハイキングして帰ったら

流石にヘトヘト、喉がカラカラになりました


フェリーが来るまでに暫く時間もあるので

「うさんちゅカフェ」で一休み


“ふわふわカキ氷 白うさぎ” なるものを味わってみました

口当たりが柔らかくてミルクの味のする氷だったので

恐らくは牛乳を混ぜて凍らせた氷なんじゃないかな・・・?

食べ進んでいくと中からブルーベリージャムが出てきました

なかなかに美味でした


さあ、いよいよ帰りのフェリーの到着です

名残惜しいけれど、うさぎ達ともお別れ

本当に癒された1泊2日の旅でした


 

うさぎの楽園15

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月21日(水)07時26分31秒
  目の前には瀬戸内海国立公園の風景が広がっています

点在している島々の名前を、掲げられている案内板の写真で確認しながら

ひとしきり自然を堪能した後、ゆっくりと下山しました


が、帰松したあとで分かったことですが

この展望台付近には「中部砲台要塞跡」やレンガ造の「兵舎跡」が

比較的きれいな状態で遺っているようで・・・・


折角苦労して登りきったのに、それ等を見残してしまったとは・・・!

残念! としか言いようがありません

是非また再訪したいと思います


それにしても、こんな頂上にもうさぎどもは

やたらと現れてきます

正直びっくり! です





 

うさぎの楽園14

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月21日(水)00時02分30秒
  目の前が急に開けて、平らな地面に出ました

つまり、ここが頂上なのだな・・・?


展望台に上ると、床に地図が描かれていて

「大久野島」は赤○の個所です

そして「現在地」は、丁度島のまん真ん中です!


ベンチも何もないけれど、風が心地良くて

この風景が足腰の痛みを癒してくれます


それほどの標高もないと思われるけど、

ここまでは潮の香りは上がってこないんだな~

(島なのに・・・)








 

うさぎの楽園13

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月19日(月)22時50分9秒
  登り始めてはみたものの・・・

登れども、登れども、階段は果てしなく続いて・・・


息があがって、先も読めずに後悔し始めたそのとき、

目の前にとてつもなく高い鉄塔が現れました





 

うさぎの楽園12

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月19日(月)22時44分4秒
  昨日は島を南周りに半周したので

今日は島を北周りに歩いてみることにしました


休暇村(宿泊所)から一歩外に出ると

相変わらずウサギ達が、わらわら寄ってきます


風もなく穏やかに晴れ上がった朝

海の色も真っ青で、遠くの島々まで見渡せます

と、頂上(展望台)に通じる階段を見つけました


どうしようか・・・? 登りきれるかな・・・?

でも、ま、頂上を越えたほうが近道だし、景色も良さそうだし・・・



 

うさぎの楽園11

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月18日(日)11時17分48秒
  美味しいものたらふく食べて、

ウミホタルの発光も観察できて、

温泉にもゆったり浸かって、

おやすみなさい・・・・


で、翌朝は胃が重くて(トホホ・・・)

(やばい、食べすぎたかな~)

という訳で朝食は軽めに済ませました

食後のコーヒーをゆっくり味わって


今日も快晴!

昨日回り切れなかった島の半分を、今日は探索してみることに・・・


チェックアウトの時間が10時なので、少し早めにチェックアウトして

荷物をフロントに預けて、さあ出発で~す

 

うさぎの楽園10

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月17日(土)11時44分43秒
編集済
  午後8時から、「ウミホタル発光観察会」があると聞いたので

我々も参加しました

“ウミホタル”の発光している状態(海)を

見たこともないし、ましてや実物を見たこともないし・・・

気持ちはワクワク・・・


先ず、最初に休暇村(フロント係)の女性スタッフから

ウミホタルの実態について少々“お勉強”がありました

この女性スタッフの説明が、とっても楽しくて分かりやすく

子供たちも聞き入っていました


そしていよいよその瞬間に立ち会うことになりますよ

部屋の電気を消して、グラスに入ったウミホタルに

電気ショックを与えると、瞬間グラスが青く光りました

再度、電気ショック・・・

グラスが一瞬で青く光って・・・


写真撮影はフラッシュ禁止なので撮れませんでしたが

初めての体験で、とっても感動しました


終わったあと、子供たちがグラスの中に指をつっこんで

ウミホタルを体感してました

こんなちっちゃい茶色の生き物が、あの眩しく輝くような

青色を発光するなんて、ギャップが激しいですね~








 

うさぎの楽園9

 投稿者:茶々姫  投稿日:2017年 6月15日(木)23時42分9秒
  旅の楽しみの一つは「食事」ですよね


ここ休暇村での食事はバイキング

どれもこれも美味しそうなのが並んでいて目移りしてしまいます

一口づつにしても、とうてい全種類は食べきれません

残念ですが・・・

「ご飯」の種類も豊富で、今夜は“太刀魚ごはん”にしてみました

これが思いの外美味しかったですよ

アイスクリームも食べ放題


あ~、しあわせのひととき・・・


 

レンタル掲示板
/144