teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


天照大神、穴(むち)は、太陽は東になり、貴重とされた

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時48分13秒
  穴門、穴戸の「穴」 とは風水の穴(ケツ) である。

川でいえば三角州の事を表し、越人によって、なづけられた。
吉備穴戸武媛[人名]
つまり穴(むち)とは女を表す。

天照大神、穴(むち)は、太陽は東になり、貴重とされた。

特に宇佐の神々三神は、女神穴(むち)の事を表す。児島宮歴研会著作権アリ

岩清水八幡は宇佐から勧請した、女神穴(むち)の事を表す。

亦名謂大穴牟遲神, 亦名謂大穴牟遅神, またのナはおほなムヂのかみといひ ... 211, 及穴戸神, 及穴戸神, またあなどのかみを ... 大穴牟遅神のアナのナは『万葉集』の大汝という訓から貴方という意の「汝(なむち)」という意味がある。

おおなんじ‐こなんじ〔おほなんぢこなんぢ〕【大汝小汝】 の意味
相手を指す言葉ですね。貴方とかお前というのと同じで、古い言葉です。

大汝命(おおなもちのみこと). 大国主神(おおくにぬしのかみ)の別の名前。
大己貴命. (おおなむちのみこと). 大国主神(おおくにぬしのかみ)の別の名前。八幡女神。

故事・ことわざ, 読み方. 艱難、汝を玉にす, かんなん、なんじをたまにす. 爾汝の交わり, じじょのまじわり. 汝自身を知れ, なんじじしんをしれ. 汝の敵を愛せよ, なんじのてきをあいせよ. 汝の隣人を愛せよ,

「汝」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語
艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)

豊玉姫と玉依姫、穴(むち)
 
 

考古学協会と歴博古代史は通用しない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 7月19日(水)20時01分43秒
編集済
  考古学協会と歴博古代史は通用しないと、したのは、
見解を異にしている段階であった? 古代日本としているのに、見解が、出来ていない?
それは、形がないまま、ポイントに執し、しているからで、外観の空白なしでは、合わせる事が、出来ていなかった。貝合わせで、貝殻が、違うと、遭わない、これと同じ事。

今の国家形成も、政治ポイントだけで、周りの国民は、その中に組み込まれている?
例えば、日本の標語記述で、ポイントが何も空白なのに、東に日本は位置していると決めて、日が東から上がるところから、表語は日本と、しているところに、間違いが、出ている。

考察した見解は多様で一致していない。

国立歴史民俗博物館、千葉県 佐倉市古代史展示は半島国から押し付けられたような嘘ばかりの日教祖が国民を洗脳した。
新たな角度から徹底的に追究した内容を在野の研究者が、「ネットサイト」を通じて歴史の真実を明らかにしていきます。


 

中国と日本の流れを読み解く

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 6月23日(金)10時48分23秒
編集済
  夏王朝の日本と、中華の歴史は、紀元前百年前遡る、漢族が、判れて、呉越の、判れの匈奴単于が滅んで、以下鮮卑族から(たくはつ族)が宇文や李世民らが、隋,唐の名門とされた。

日本も同じ頃敏達天皇、~、舒明天皇は平山族、から、藤原不比等祖として、藤原氏が、名門とされた。
これが、平山族後継となっている。

匈奴(きょうど、拼音: Xiōngnú)は、紀元前4世紀頃から5世紀にかけて中央ユーラシアに存在した遊牧民族および、それが中核になって興した遊牧国家(紀元前209年 - 93年)。

ただし史記の説に従えば、四方に住む全ての異民族は夏の末裔となる、あくまで根拠の示されないお伽話であり信憑性はない[5]。
中国の史書にでてくる「匈奴河水」という河川名が匈奴の語源なのか?

紀元前215年、秦の始皇帝は将軍の蒙恬に匈奴を討伐させ、河南の地(オルドス地方)を占領して匈奴を駆逐するとともに、長城を修築して北方騎馬民族の侵入を防いだ。単于の頭曼は始皇帝および蒙恬の存命中に中国へ侵入できなかったものの、彼らの死(前210年)によってふたたび黄河を越えて河南の地を取り戻すことができた。ある時、単于頭曼は太子である冒頓を人質として西の大国である月氏へ送ってやった。しかし、単于頭曼は冒頓がいるにもかかわらず月氏を攻撃し、冒頓を殺させようとした。冒頓は命からがら月氏から脱出して本国へ帰国すると、自分に忠実な者だけを集めて単于頭曼を殺害し、自ら単于の位についた。

単于となった冒頓はさっそく東の大国である東胡に侵攻してその王を殺し、西へ転じて月氏を敗走させ、南の楼煩、白羊河南王を併合した。さらに冒頓は漢楚内戦中の中国へも侵入し、瞬く間に大帝国を築いていった。

武帝の登場[編集]

匈奴で軍臣単于(在位:前161年 - 前127年)が即位し、漢で景帝(在位:前156年 - 前141年)が即位。互いに友好条約を結んでは破ることを繰り返し、外交関係は不安定な状況であったが、景帝は軍事行動を起こすことに抑制的であった。しかし、武帝(在位:前141年 - 前87年)が即位すると攻勢に転じ、元朔2年(前127年)になって漢は将軍の衛青に楼煩と白羊王を撃退させ、河南の地を奪取することに成功した。

元狩2年(前121年)、漢は驃騎将軍の霍去病に1万騎をつけて匈奴を攻撃させ、匈奴の休屠王を撃退。つづいて合騎侯の公孫敖とともに匈奴が割拠する祁連山を攻撃した。これによって匈奴は重要拠点である河西回廊を失い、渾邪王と休屠王を漢に寝返らせてしまった。さらに元狩4年(前119年)、伊稚斜単于(在位:前126年 - 前114年)は衛青と霍去病の遠征に遭って大敗し、漠南の地(内モンゴル)までも漢に奪われてしまう。ここにおいて形勢は完全に逆転し、次の烏維単于(在位:前114年 - 前105年)の代においては漢から人質が要求されるようになった。

太初3年(前102年)、漢の李広利は2度目の大宛遠征で大宛を降した。これにより、漢の西域への支配力が拡大し、匈奴の西域に対する支配力は低下していくことになる。

その後も匈奴と漢は戦闘を交え、匈奴は漢の李陵と李広利を捕らえるも、国力で勝る漢との差は次第に開いていった。


藤原 不比等(ふじわら の ふひと)は、飛鳥時代から奈良時代初期にかけての公卿。
不比等は実は鎌足の子ではなく、天智天皇の落胤であるとの説がある。『公卿補任』の不比等の項には「実は天智天皇の皇子と云々、内大臣大職冠鎌足の二男一名史、母は車持国子君の女、与志古娘也、車持夫人」とあり、『大鏡』では天智天皇が妊娠中の女御を鎌足に下げ渡す際、「生まれた子が男ならばそなたの子とし、女ならば朕のものとする」と言ったという伝説(実際に男子=不比等が生まれた)を伝える。『帝王編年記』『尊卑分脈』などの記載も同様である。


後鳥羽上皇の、妻坊門局の子、頼任親王と、通親の娘に皇子が産まれ土御門天皇(つちみかどてんのう)母は、源通親の養女(実は法勝寺執行法印能円の女)承明門院・源在子。
後鳥羽上皇の腹心の女房卿二位の姉。法勝寺執行法印能円の妻となり,在子(承明門院)を生む。高倉天皇の皇子尊成(後鳥羽)を引き取り養育したが,寿永2(1183)年夫能円が平氏と共に都落ちしたのちは,叔父の範季と尊成を育てた。その後,権臣源通親と結婚。


後鳥羽天皇(ごとばてんのう)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての第82代天皇(在位:寿永2年8月20日(1183年9月8日) - 建久9年1月11日(1198年2月18日))。諱は尊成(たかひら・たかなり)順徳天皇(じゅんとくてんのう)母は、藤原範季の娘・重子(修明門院)。

高倉天皇の第四皇子。母は、坊門信隆の娘・殖子(七条院)。後白河天皇の孫で、安徳天皇の異母弟に当たる。

建久3年(1192年)3月までは、後白河法皇による院政が続いた。後白河院の死後は関白・九条兼実が朝廷を指導した。兼実は後白河法皇が忌避した源頼朝への征夷大将軍の授与を実現したが、頼朝の娘の入内問題から関係が疎遠となった。これは土御門通親の策謀によるといわれる。建久7年(1196年)、通親の娘に皇子が産まれた事を機に政変(建久七年の政変)が起こり、兼実の勢力は朝廷から一掃され、兼実の娘・任子も中宮の位を奪われ宮中から追われた。この政変には頼朝の同意があったとも言う。

この系統から天皇は、選ばれていました。 参考、 後鳥羽院の次の天皇は、(83)土御門天皇は後鳥羽天皇の第一皇子。母は、久我通親(源通親)の養女(実は法勝寺執行法印能円の女)承明門院・源在子。 父:法勝寺執行 能円(藤原顕憲の子源在子 ...)

今上天皇の直系祖先です。
天皇に無関係な、佐賀藩の下級武士、大隈重信と柳原の子が大正天皇に、副えられた。
2016/09/30 - 実際に明治天皇の正妻ではなく女官だった柳原愛子(やなぎわらなるこ)は、後に大正天皇となる嘉仁(よしひと)親王を産むと発言力を高めた。しかし、またここで疑惑が浮かび上がる。嘉仁親王の父親が明治天皇ではなく、大隈重信である。
大隈重信は佐賀県多布施の朝鮮人部落生まれ。

[竹下雅敏氏]気品がある昭憲皇太后 と 下品な替え玉 / 大正天皇の実の父親は大隈重信

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=101294



 

昔昔物語が、日本の定義

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 6月17日(土)11時21分16秒
編集済
  昔話には一定の形式があり,〈昔々〉と語り始めて,〈…であったそうな〉などと終わりを告げる。
語りはじめる口頭の伝承
、「あったとさ」「そればっかり」などの慣用句で終わるのが特徴。瘤こぶ取り爺じじい・一寸法師・桃太郎などの類。

一定の形式がある
中国語の民間故事、などの同義語として扱われる。
昔話は固有の伝承の形式をもつ。
冒頭と結びの相対応する語句によって、その物語の開始と終結を告げる
今の憲法のように、ふぞろい、まちまちではない。

主人公の幸福、悪人の懲罰を意味することばで終わる。

形式(様式)の有無を基準とした昔話の概念規定、範囲の基準
日本の各地には、語りを数多く継承する語り手が存在し、古老とよばれ、人々から尊敬された。語り手は、共同体のなかの、重きを置かれる家筋や家系の出自であった。

寺社の縁起(えんぎ)とも共通する
日本の伝統精神とは~日本昔話から考える
日本人の伝統精神を語るとき、日本人の形式(様式)と共通する。
日本人は「気づくだけ」でもっと幸せになる
日本文化と一体化している

孔子は『論語』において、よく使う彼一流の否定的な論法で「勇」の定義を、「義を見てせざるは勇なきなり」と説いた。

冒頭が. ? 「むかし、むかし」などの句をもって始まるのが特徴
〈物語と日本人の心〉
明治以降とは違う? 今の政治、人民はは、歪んだ憲法になっている。日本の定義とは違う明治以降、定義がない?事は善悪、になっていない。

歴博の古代は見えていない、歴史も共通していない。





 

張り合っても、無意味、忠告を聞かないと罰が当たるという法則

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 5月10日(水)19時09分34秒
編集済
  日本はめでたし、めでたし、おわり、になる、昔昔物語が、日本の定義となっている。
今の日本は決着が、つかない、何故終わりがない、考古学は、イスラエルとイスラムが、戦っているような、ものである。

考古学協会と歴博は日本を歪ませている?これと、イスラエルとイスラムが、戦っているような、もので、相手の事を、知らないで、唯一たけの、どちらも、張り合って、いるようなもの。

今の憲法も、しかり、似ている。

今の政治や憲法も、唯一たけの、どちらも、張り合って、いるようなもの。で国民は、めでたし、ではない?

物語の最後に書いてある『めでたし、めでたし』というのはどういうことか?(^^)
『したきりすずめ』の最後は、「それからというもの、おばあさんは欲張ったりしない、優しいおばあさんになったということです。めでたし、めでたし。」というナレーションで終わります。(^^)
「これでこの話はおしまい」という意味で、ハッピーエンドのお話について使われます。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1351558598

浦島太郎」の謎(「めでたしめでたし」は何がめでたいのか?)
開けるなと言われた玉手箱を開けてしまったから、忠告を聞かないと罰が当たるという法則が、確かに実行されたことがめでたいという意味。  鶴の御返しに似ている。

物事が無事に終わって,よかった,ほっとしたという気持ちを表す語。

よい状態に終わったときにいう語。「万事まるく収まってめでたしめでたしだ」

佐久間不干斎のおとぎ話的な「めでたしめでたし」で終わる物語になっている。
これは日本を紹介した、物語になっている。

日本は神の思し召しで、(「めでたしめでたし」
だが今の憲法や政治は?忠告を聞かないと罰が当たるという法則を無視している。

韓国、朝鮮は、平気で嘘を吐くので、何度もたすけられたが、忠告を聞かないと罰が当たるという法則?は、助けても意味が無い事。忠告

平等な教育や学問は、何度もたすけられたが、忠告を聞かないと罰が当たるという法則?は
考古学協会と歴博は日本を歪ませている? 何度もたすけられたが、忠告を聞かないと罰が当たるという法則?

罰とは、最後、おわりにする事。









 

考古学協会と歴博は日本を歪ませている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 5月 4日(木)18時03分57秒
編集済
  日本の定義が、考古学協会と歴博によって、NHK歴史ドラマのように、捻じ曲げられて、しまい、果ては教育委員会含め、日本の定義が、侵されている。
よって、日本人は、日本の根底すら、知った者はいない。

天皇さえ、神武末裔とは、偽りの、皇室とは、知っているのだろうか? 定義すら、明治、大正、昭和、平成にいたるまで、考古学協会と歴博と教育委員会に、より、真実は葬り去られている。まったく日本の定義は無意味となっている。

今の政治が、憲法改正にあけくれ、日本の根幹が、消えている現代国家い式政治、憲法と考古学協会と歴博と教育委員会は同様であり、含め政治から憲法は、必要ではなかろう。

憲法とて、勝手に決めるものではない。善悪を定義 天王による善悪を定義でなければ、勝手に決めている法律は悪也。

【善悪の定義とは?】
人間の本質が「善」だとするのが性善説で、. 逆に「悪」とするのが性悪説です。

「報」とは「むくい」という意味で、過去に善悪さまざまな行為をしている私たちですが、その行為が生命に刻まれて因となり、なんらかの縁によってやがて果報となって外に顕れます

日本では昔物語で 天王による善悪を定義づけている。

現代の憲法下では、勝手に決めていて、善悪を定義は無し。

華夏は善悪を定義し、すべての諸事を規定する

憲法はそれほど重要では無く、善と悪の事を定義で、手本にすればよい。それが日本の定義である。報いを受ける。

華夏族(かかぞく)は、漢の時代以前に中原の黄河流域に暮らす部族で、漢民族を構成する主体でもある。 漢民族はその昔、漢民族とは称されておらず、華夏族と称されていた。
中国人が自国を誇っていった語から》文化の開けた地。都。

選別. 的に扱 うこ とで , ... たけれ ば,是非を見分け善悪を明らかに し,. 公正 の 主張となる。
人間の感情と欲望は善悪の両面性を併せ持ち、第一歩は正知見と如理思惟を育て、正確に善い欲と悪い欲を弁別させる。

現代の憲法式政治は、それを勝手に自分が善悪つける民主主義政治となっている。自分は天主ではない。
自我自賛である。

文化集団が、いわゆる華夏の民、漢人の祖先とされている。
国を治める君主に天命があるなら、下の諸人にも善悪のしるしがあって、善人は長く栄え、悪人は速やかに禍を受けるべき理屈

日本人は華夏の臣下でなければ、日本人とは言わない。










 

悪い事は悪、国会も、文化財は、なくしてしまえと、良い事ではないので悪となる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 4月25日(火)19時56分56秒
編集済
  悪い事は悪、国会も、文化財は、なくしてしまえと、良い事ではないので悪となる。

日本では善悪の定義があるが、鳥のさえずりばかりで、裁判で、決めているが、それは日本に、反対するので、民には悪いとなり、悪である。


 

太一之 夏后祭器  伏羲琴

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 3月 4日(土)06時40分24秒
編集済
  其他重要道具

封印之? ? ?情猫袖箭 ? 庖丁菜刀 ? 冥海神石 ? 乾坤袋 ? ?格怪衣 ? 投?式?甲 ? 黑火九鼎 ? 天? ? 紫云塔 ? 合体金人 ? 太一之? ? 夏后祭器


神州上古十大神器(?皇?/???/?古斧/?妖?/昊天塔/伏羲琴/神?鼎/崆峒印/昆??/女?石) ? 如意金箍棒 ? 夏后祭器 ? 河? ? 洛? ? ?仙四? ? 生死簿 ? 和氏璧(?国玉?) ? 九鼎 ? ?葛?弩 ? 金蛟剪 ? 乾坤圈 ? 混天? ? 火尖? ? ?火?

??更多:伏羲琴(https://zh.moegirl.org/%E4%BC%8F%E7%BE%B2%E7%90%B4
本文引自萌娘百科(https://zh.moegirl.org/),文字内容遵守【知?共享 署名-非商?性使用-相同方式共享 3.0】??。

伏羲琴 (古琴的琴式之一) ??



按琴界先德的?述,琴文化的起始,可以上溯到?公元前三四千年的伏羲琴。??“伏羲??集于桐,乃象其形”削桐“制以?琴”(《太古?音》)。

伏羲琴,顧名思義就是當時伏羲所創造的樂器演變而來。是神話傳?中的十大神器之一,據傳?中講到,伏羲琴能控制世界萬物的靈魂和思想。


http://www.lishi.com/renwu/306.html

伏羲琴是上古神器之一,由上古神玉添加天絲,雕刻熔制而成。伏羲琴整體泛著乳白色的光芒,光是看到伏羲琴就有一種心神?寧的感覺。更不要?聽琴音了,伏羲琴?彈一個音調都能讓人有種聆聽到至高無上神曲的感受。

伏羲琴在現實生活中是古琴中的一種。傳聞伏羲琴是由人族之主伏羲所造,是為了仿製世間萬物之聲而造。當心懷天下的哲人們用伏羲琴彈奏樂曲之時,能?將他們?心深處的不安全部驅逐出去,重新回到他們清靜無為的哲學世間。

在古琴中共有十四中普通的琴式,其中伏羲琴就是九霄環佩。如今伏羲琴已成為了我國古代遺留下來的文化遺?,在03年,更是列入非物質文化遺?之中。

伏羲琴最開始由伏羲所持有,傳聞女媧造人,伏羲教人。伏羲大神一直被華夏民族列為人族之主的存在,所持有的伏羲琴也是具有鬼神莫測之能。


原文網址:https://kknews.cc/culture/knaq3b.html

伝?夏后祭器共六件,是昔日夏朝君主?行封禅天地?式?,用来祭祀天与地,?南西北四方神祇之尊?宝器。它?分?是青?之圭,朱雀之璋,白?之琥,玄武之璜,黄麟之琮以及?螭之璧。从名字和?色来判断,也知道它?依次是用来祭?,南,西,北,地,天之用。不?,五行?有四方圣?都??了,?次是借夏后祭器来??中国的玉文化。

九?山,又名九子山,那山由九峰??而成,因其峰秀如?花,有“灵山?九?”之吟,以此得名。那最高一峰,名?少?,山高千仞,直入云霄,云海蒸?,??其?,却似一幕云屏,因其山?常?祥瑞光芒,照在那云屏之上,如玉生?,是以又被称?玉屏山。那山中?林森密,崖削崚嶒,薜?冉冉,?蕙馨香,却正?山中清泉曲?,古柏深崖。??望去,但?烟??岫,日月正照云屏,更听那?吟虎?,?唳??,悠悠然如至海外仙山。
    那山?崖上,却有一座云霄宝殿,那殿白壁玉柱,巍峨雄?,气?磅礴,虎踞山?,正?斗?星移,巍巍然傲?四方,正是正道三大支柱之一,少?山之所在。
    殿前演武?上,数百少年正持?而舞,喝声??,却?天上无数光点??回旋,?吟清清,正是少?山晨?之?。那大殿之上,却有四人,正中所坐一人,白眉??,慈眉善目,?衫??,悠悠然有出世之?,正是少?山掌教白眉大?。他左首一人,皓首??,乃是?宗首座白云真人,右首却是一虬髯老者,面色??便似童子一般,正是心宗首座白石真人。殿前?下,凌?瞳仗?而立,她在少?山三代弟子中修?最高,是以便?了督察晨?之?,只是她此?秀眉??,目光流离?,心思却早已?至后山。
    山后崖?,乱石嶙峋,白云悠然,楚云舒坐在岩上,手里拿着木雕,痴痴出神。那晨曦云霞,瑰奇宏?,曙光照在少年身上,却将影子拉得好?,那少年痴坐?,一?不?,若有人至此,只怕会以?是尊石刻了。日????升,那影子也???回,不知不??,已是日近中午。
    一??柔的脚?声?来,走到少年身后,却是停了下来,一个竹???放下,那提?之手,??白皙,柔若无骨,只听一声微微?息,却听那人?道:“楚大哥,你到少?山已?三天了。?三天来,你粒米未沾,再??下去,身子会?的。”?音?柔,正是凌?瞳。
    楚云舒恍若未?,双眼呆滞,只是?着那木刻看。凌?瞳?他如此,却将竹?打?,那?中?气??,香气扑鼻,整整??地?着三菜一?,却是一道黄??,一份木耳肉?,一?韭黄炒蛋,一碗?菜?笋?。凌?瞳?起一筷炒蛋,用手托着,送到楚云舒嘴?,柔声道:“楚大哥,?是你最?吃的韭黄炒蛋,你就吃一口吧。”
    听到韭黄炒蛋,少年?于有了反?,他目光?移,?着那筷炒蛋看了?久,却抬起?来,看着那?天云彩,??道:“?瞳,你可知道,我?什?喜?吃韭黄炒蛋??”他不等凌?瞳回答,却自?自接了下去:“那是因?,雪儿她最拿手的,就是韭黄炒蛋。我??得,她第一次做??我吃的?候,?得太久了,把蛋也炒焦了,她??得直哭,可我吃在嘴里,只?得,那天下的珍?美味,再也无一?比得上那一筷炒蛋

凌?瞳听他??道来,?气平和,心中却不?一痛,道:“楚大哥……”
    楚云舒????,??站起,道:“……她已?是?臾皇妃,山珍海味,????,奇珍异宝,想要什?,就有什?。从今以后,她再也不用担心会把菜炒焦了,再也不用跟着我?破落?生浪迹天涯,再也不用担惊受怕……”少年的?音在云???:“??很好……不是?……”
    他???来,?着凌?瞳一笑,晴空朗朗,皓日正?,可在凌?瞳看来,那笑?,却比哭??看,她心口一疼,不?有些?咽:“楚大哥,你???……小雪她,不是??的人。”
    “我本来不信,我也不要相信。可我?眼看到了……我不能不信……”少年慢慢蹲了下去,埋首膝?,“雪儿?了……”
    凌?瞳看着他的?子,但?心痛无比,双?不??已挂上了两行珠泪。她突然用力擦去泪珠,将楚云舒一把拉起,道:“楚大哥,你以前不是??的。我?初相遇?,我?会小雪害人;在雪山的?候,我以?小雪撇下我?走了,那?候,你不是一直都相信她的???什??在却反而不信了?三年前,在?之极,究竟?生了什?事?”
    “?之极……”楚云舒呢喃道,“那?候……我?了?之极,拿到了玉液??……无毛道人想?我……雪儿救了我,却被无毛道人打成重?……我喂她喝下玉液??……再然后,我就什?都不知道了……”
    “那天,一定是?生了什?事,从那天以后,人世就?了,?得越来越?乱,天象也?得越来越混乱。楚大哥,那件事一定跟小雪有?,如果你能找出来,也?,你就可以明白小雪的苦衷了。”
    “无毛死了……?父?升了……那天?生了什?,没人会知道了……”
    “有的,?有一个人知道的。” 凌?瞳?着楚云舒的肩膀道。
    “??是??你知道是??”楚云舒忽然激?起来,“告?我他是?!”
    “我的?尊,白眉大?。”
    “白眉大???了,我想起来了,那天从无毛手中救下我?的,就是白眉大?。他在?之极的!他也在?之极的!”楚云舒霎地??,?眼?只剩下一个小点,激?的喊声???来,“他一定知道的!”

夏王朝の東夷族文化

二里頭遺跡発掘で浮き彫りに

『呉越春秋』が記す



これで朝鮮は日本と関係無い事が、照明された。


 

解明されているかのように、見えるが、ほとんどが嘘で、解明には至っていない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 2月23日(木)20時24分19秒
編集済
  一般社団法人日本考古学協会は、自主・民主・平等・互恵・公開の原則にたち、考古学研究者としての社会的責任の遂行と、考古学の発展を目的として、1948年に結成された全国組織です。
だが、あまりにも嘘でまみれている。
解明されているかのように、見えるが、ほとんどが嘘で、解明には至っていない。
典型的な日本は朝鮮半島から渡来してきたとの、嘘の考古学に過ぎない。
熊本の催眠商法と、そっくりな、日本考古学協会である。

全うな、すべて全うな存在が、美の国である
検証してみよう、
今、日本は転機を迎えている。
農業では収獲の時期と相似。
町のすみずみまで、住宅が、立ち並び、緑が眼につかなくなっている現状を見て?
都会でも、コンクリートビルで、緑は、枯れ状態である。
これが近代化というものか?
考古学では、掘り起こした遺物の、収蔵が、出来なくなって、収蔵庫の中に、解明もなくゴミと化している。
今、日本は転機を迎えている。
種が保存できない、考古学は、その用途さえ、不明確である。
考古学の種は、しっかりと、解明しないと、腐れてしまうだろう。
これが私の謂う、考古学協会の絶望解明しないと、腐れてしまうだろう。
 

平山県の屏山の無諸の治城が、地鉄工事で、発見された。日本の天皇の元となっていた、平山として知られています。

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2017年 1月22日(日)09時11分22秒
編集済
  閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城はこの地域最大の都市となった。

屏山-福建省福州市屏山-華人百科

屏山位于市區北端,其山加屏,拱衛州城,因而得名。海拔62米,面積50公頃。又名平山,俗稱樣樓山。據史書載:漢代閩越王無諸曾于前麓建“冶城”故又稱“越山”、“越王山 日本の根源

王山として知られている王の麓に建てられた古代の首都  https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://www.itsfun.com.tw/%25E5%25B1%258F%25E5%25B1%25B1/wiki-5765396-2261276&prev=search

日本から発信、
福岡県朝倉郡夜須の児島宮が、熊野伊勢神宮の、宗社となっています。児島宮の元祖はウガヤフキアエズ、事平山です。立証は、三年前にネットで、説明。
立証が出来たのは、福建省福州市屏山の地鉄工事時、閩越王冶城が発見されたのによる。
平山の根源は、天皇にあり、その本貫が、夏王朝の天神七代の無予が、日本の紀元前の初期になっている。
考古学は、朝鮮渡来説で、この閩越王冶城は、疎外しされていた。
又日本の天皇も香港のてんのうと、呼ばれる、のが平山と相似している。
福州市屏山の平山の地下に、眠っていたので、古代史の不可解に明かりがさした。

ここで古代の天皇が平山とされていた事に、ウガヤフキアエズの平山に始まり、武夷城村はこの、ウガヤの前名で、漢城の時は、
丑王、八尾王と呼ばれていました。ネットで検索できる。

ここで天皇とは、? 中国に発する、夏王朝の、天神七代の無予、が越の発祥となり、中国最後の丑王、八尾王が十万人を引き連れ、筑紫に移転して、その地を、会稽の安邑に、所縁、竹枝、筑紫の夜須を、五十年間、都とし、日本と、書き改めた。
北部九州には、
中国最後の丑王、八尾王が十万人を引き連れ、筑紫に移転、したのが、祭祀の用具、夜須の鳥巣窯、小隈窯で焼成された、硬質灰色土器「今の須恵器」が立証している。
生活用具の米の蒸し器(甑)が、日本発祥が、出ている。
農具も彫刻していて、惣利遺跡が、製造地となっていた。鉄器製造地はヒルハタで鉄の弓矢が、調査により鉄器製造地となっていた。児島宮歴研会、調べ。石井学芸員

ここからは天皇について、
日本の天皇は、八代までが、平山天皇であり、それはウガヤフキアエズの平山に始まっている、地分けの、繋がりが、無いと、天皇とはならない。
日本の天皇もこの、ウガヤフキアエズの平山一系を、もって、天皇と称している。
ウガヤフキアエズの平山は、五世紀の敏達天皇も平山と、なっている。
天皇とは天神であり、天子とも神にあらされれば、と、万葉集の中に詠まれている。

天智天皇の父も平山と、呼ばれている。この平山天皇は、平安末、源氏平氏、が院政を、停止して、華夏の平山天皇は、後鳥羽上皇で、終わった。
その血族は、男子系に、とどまり、皇后だけ、が、天皇に加えられた。ここに天皇宮家は、後鳥羽上皇末裔だけと、なっている。
南北朝時後醍醐天皇が、放逐され、武家足利尊氏の二代目が、外天皇の、土御門天皇の血を半分分けた女、末裔が、別家天皇家の后になったり、足利尊氏の子義詮の妻と、なったりして、外天皇が幕末まで、続いていた。明治革命で、明治天皇は、後鳥羽上皇の血縁ではなく、名だけの、てんのうとなっている。

華夏の平山天皇を、もって、天皇神である。天皇とは天上人であった。

天皇では無いのは、王でしかない。










 

考古学とは神様、天から、光がさして、明るく見える、すべてが、共立していなくては、ならない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年12月 2日(金)08時22分25秒
編集済
  考古学?
そとは?の前に、日本とは何か、?が解らないようです。
京都の大覚寺も、ここがおかしい? 祭りとは何か、日本とは何かが、見えていない現代。
京都の仁和寺も、ここがおかしい?
これが絶望になっている。

日本の祭りは、何をいうのかが、解って、いないで、しているのは、おかしいと、なる。
すべてが、共立していないのが、考古学なのか?

考古学とは神様、天から、光がさして、明るく見える、すべてが、共立していなくては、ならない。

何の為の?京都の大覚寺も、ここがおかしい? 祭りとは何か、日本とは何かが、見えていない現代。
京都の仁和寺も、ここがおかしい?
これが絶望になっている。

他人が出入りしている現在では、正しく行われては、いない。

日本の美もしかり。

世界遺産も、何の意味があるか?正しく行われては、いない。

今の日本の、政治も正しく行われているとは、思えない。

今の日本のすべてが、然るに、正しく行われているとは、思えない。

日本の神社仏閣が、正しく行われているとは、思えない。

それは、すべての根源が、違っているからである。



 

天を祭ることを「禅」、『禹祭』という

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年11月22日(火)14時09分37秒
編集済
  天を祭ることを「禅」といいます。併せて「封禅」です。

天子が天を祭る儀式。「封禅?(ほうぜん)?」

天子が位を譲る。「禅譲/受禅」
仏教で、雑念を払い、心を集中して悟りの境地を得ること。「禅定?(ぜんじょう)?/座禅・参禅・修禅?(しゅぜん)?」

壇上で天をまつる天子の特権。それを受けるのを「受禅=禅ヲ受ク」といい、略して禅という。

禅(ゆずる,ぜん) という漢字

壇上で天をまつる天子の特権。それを受けるのを 天子が天子の特権をゆずる。 心が安定し、邪念にとらわれない境地。静座して直観的に真理を悟る修行をすること。
これを相して、『禹祭』という。天をまつる天子の特権。


山部王と呼ばれていた若い日に、交野に住む百済王明信に初恋の思いを抱いたことはさておいても、天皇になって後も、幾度となく ... これも古代中国の天子が行った祭祀で、封は泰山の山頂に壇を造って天を祀ること。


天子が天を祭る儀式、『禹祭』という。
天子とは、禹の、夏后で、その七代無予が、越王となり、越王これを、天子という。ゆえに、、『禹祭』という。

天壇は昔、天を祭った場所である。人々は天に祈願ができたが、天を祭るのは天子だけの特権だった。

天子(皇帝)は天帝の子として、天帝を祭る権利と義務があったという。

古代中国の天子による祭祀の一種。壇を築いて天をまつることとしている字書が多いが、「封禅」というときの「封」がその意味で、地面を平らにして地をまつるのが「禅」であるともいう。

ここで、灰色硬質土器とは、天を祀る為の用具である。
朝鮮ては、天子は、いないので、灰色硬質土器は、須恵器は、日本から、紀元前五十年前伝わったとある。
http://www.lekken.progoo.com/bbs/lekken_tree_pr_171.html


注意したいのは本質が異なることです。
日本においては、古来より「祭り事」と「政り事」は一体であった。

日本においては「祭り主である天皇」とご祭神である「皇祖皇宗」は、「先祖と子孫の血縁関係」であるのに対し、中国天子とその主祭神の「天」の関係は、血縁ではなく「天命に基づくもの」である。このため別の者に新たな天命が下れば、易姓革命が起こり王朝は交代する。
易姓革命では、天子では、ないので、天帝を祭る権利は、本質が異なることです。易姓革命
易姓革命が起こり王朝は交代する。
中国じゃこれの繰り返しですね。
中国じゃ真の天子もいないのに、全てニセモノの天命です。
日本でも同じですね、真の天子でもないのに。

越は漢に滅ぼされており、越の勇之が、「越人は鬼を信じております。東甌王は鬼を信じていたので160歳の長寿を保ちましたが、その子孫は鬼を祀ることを怠ったため、衰退しました。」
そこで、天子は巫に命じて越式の祠を建てさせた。天子がそれを信じたので、それからは越式の卜が盛んになった。
「天は円丘で祀り、地は方沢で祀る」などとも記されている。

代中国の祭祀のありかたが分かることになる。
班固(三二から九二年)は弥生中期後半の人で、奴(な)国王が国王が光武帝から金印を貰った頃の人、「封禅書」、「郊祀志」

「封禅書」や「郊祀志」には、「天子が冬至に天を祀り、夏至に地を祀り」などの記事が多く見える。 こうした祀りは天子が行う。
、「天は円丘で祀り、地は方沢で祀る」などとも記されている。そして、天を祀るには「柴を燃やした」のであり、地を祀るには「犠牲を土中に埋めた」のであり、川を祀るには「犠牲を水に沈めた」のである。
http://2.csx.jp/users2/wakatake2400/KokenData/yakusiji/kodaibunka/hinodesen.html#1
ゆずる しずか. 音読み, ゼン. 意味, 天子が天を祭る儀式。,天子が位を譲る。
古代の天子は春と秋に都の東と南の郊外で太一を祭り、そのときには牛・羊・猪を七日間供え、壇をつくって  ...八方に鬼神の通る道を作った。 天神様の道



「十一月辛巳朔旦冬至の昧爽(まいそう)、天子始めて郊して太一(たいいつ)を拝す。」
「太一」は天神。「ゆえに、天満児島宮の事也」
 

吉備の国造りはいつ頃

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月29日(土)18時21分58秒
編集済
  吉備の国づくりはいつ頃?

神祇祭祀とはが、今日のような、埋葬祭祀とは、別の、鬼神祭祀天神祭祀とも、いいますが、中国では、河姆渡遺跡の発掘調査により、鮮明に、なり、国の「禹祭」祀とも、なっています。

歴博も教育委員会文化財課方々も、これまで、記録の証拠も、見えず不透明で、縄文時代や弥生時代という、時期すら確定していません。
須恵器すら、古墳時代とか、していて、記録が不明確である。
大学の考古学の先生方と五世紀まで、合わせようにも、大学の考古学の先生方は記録が、取り上げられて、いないのです。
もう歴博も教育委員会文化財課、並びに考古学は参考、当てには、出来ないし、ならないと感じている。

ところが、今月十八日、岡山に調査に、行って、戦国時代の備後の足跡から、何かを、見つける事に着目、それは朝倉夜須の古代(紀元前百十一年前と、児島宮歴研会、の「禹祭」基礎時期と、どのくらいの、時期差 で判断する事でした。

初日の、瀬戸大橋線の木見の林で、頼任親王に参詣し、尊龍院、熊野神宮では、考古学の適切な時期は見えませんでしたが、熊野神宮の八尾羅稲荷の八尾という文字は、次の岡山城の宇喜多秀家公と、後の池田公寄進の、熊野神宮の八尾羅稲荷との、関係が、解った事は、大きな発見になりました。

又岡山城の近くの天神町の甚九郎稲荷の屋根に取り付けられた吉兆の鳳凰は、岡山の古代に秘められた、古代時期の、一致と、なりました。

鳳凰は「禹祭」天皇の、標であり、足利義満の京都の金閣寺の屋根にも鳳凰は、義満が天皇と、名乗った?との記録もあり、ほほ一致している鳳凰。
天神町の甚九郎稲荷の屋根に取り付けられた吉兆の鳳凰は、佐久間甚九郎の祖先の、頼任親王に参詣し、尊龍院、熊野神宮と児島高徳(大覚大僧正と岡山」に共通していて、佐久間甚九郎と天神町の甚九郎稲荷の屋根に取り付けられた吉兆の鳳凰は、ほぼ、一致が見られた。

岡山の古代で、神武東征に見られる、高島には、行かなかったが、
岡山市網浜町の岡山市埋蔵文化財課で、展示してあった古代の土器や磁器は、手で感触して、朝倉夜須の古代、紀元前四十う五年前かと、網浜町の窯の土器と、ほほ、一致が、見られ、神武に同行していた、窯職人が、網浜町近辺に居た事と年代が、木製の琴(「禹祭」天皇祭祀の琴)で、確認できました。窯も近くに見発見が、あると、文化財課に、伝えた。
恐らく鳥取辺りまで、関連して、いたのだろう。

吉備津神社の創建は、賀陽氏が神官として、見えるが、それ以前の、創建である事を、摑んでいる児島宮歴研会は、福建省のビン越、越王無渚の城の、二年前の発掘でも、平山王標が、児島宮歴研会が発見していて、さらに今年、賀陽氏の末裔という黒田藩の儒者、貝原益軒の、平山王標は、吉備津宮の今の神官に、尋ねても、記録が無いとの事で、挫折かと、思いきや、木製の琴(「禹祭」天皇祭祀の琴)で事実が、確認できた。

恐らく、賀陽氏の 登場は、吉備津神社の創建と (「禹祭」天皇祭祀に関わっている事は明確である。
何故ならば、賀陽氏の末裔栄西に関わっている事は明白で、福建省に渡海したのは、得る為も、あったのだろう。
現に福岡県朝倉郡夜須にも、栄西が唐 の帰りに、小野成季の、館に、越窯の越州窯の磁器を、持ってきたのが、夜須町文化財課の石井女史の、発掘調査で、確認できる。
小野成季は成田成任の子であり小野氏で、敏達平山天皇の、末裔でもある。

五世紀に隋の煬帝の使者が、古代の夜須へ、来ていて、この地は華夏人の土地と、記録が、されている。
裴 世清(はい せいせい、生没年不詳)は、7世紀前半に、中国王朝隋の煬帝による命令で俀國(倭国)を訪れた使者。
大海の都斯麻國(対馬)、東に一支國(一支国)、竹斯國(筑紫)、そして東に進み、秦王國(辰王国?)に着いたという。そこの人々は華夏人(中国人)と同じで、蛮族と言われるのは理解出来ないとしている。竹斯國から東はすべて俀であるという。俀王は小徳(冠位十二階の位)阿輩臺が数百人で迎え、10日後に大礼の哥多が200騎で警護した。王と会った清は王の歓迎のことばに皇帝の命を伝えた。その後清は使者とともに帰国した。

第11代垂仁天皇は師木地方(鳥取県湯梨浜町)に皇居があったが出先(岡山県の木国=津山 ..... 又經十餘國達於海岸 自竹斯國以東皆附庸於俀「明くる年(大業四年、608)、お上(煬帝)は文林郎の裴世清を派遣して倭国へ行かせた。

妹子が謁見したのは、3年前に父(文帝)と兄を暗殺して2代皇帝に即位した暴君・煬帝(ようだい)。






 

日本伝承のこれまで誰も、取り組まなかった、出来なかった古代の、証拠を児島宮歴研会が、公表する

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月 1日(土)13時36分39秒
編集済
  日本伝承のこれまで誰も、取り組まなかった、出来なかった古代の、証拠を児島宮歴研会が、公表する。
今日本には伊勢神宮と夜須に存在する植物が、日本伝承の不可解を解き明かしている。
象の布江を、西日本新聞に、公開し、古代の、「日本書紀」にも記載されていた、不可解を解き明かしている。
今月は、古代の、「日本書紀」にも記載されていた、古代の弥生時代に、栽培されていた、「てんぽ、が、梨」について、公表する。

夜須の日本の始まりといっても、皆さんは、初耳で、あろうが、、「日本書紀」にも記載されていた、、「てんぽ、が、梨」は、明治に、洋梨として紹介されているが、この洋梨はドイツにも、見られ、各国にもみられる梨であるが、
垂仁天皇の伊勢神宮に、、、「てんぽ、が、梨」が、続いていて、朝倉地の神社にも、「てんぽ、が、梨」が、見られる不可解について、、「てんぽ、が、梨」が、日本の伝承の発生地、ともなっていた。

昨年の暮れにも、日本の伝承、となっている、日本の軒丸瓦の、伝承地だった、福建省屏山の地鉄平山駅http://kouhoka.exblog.jp/25208445/の、工事により、日本の伝承の、起源何年の、基となっていた、天神七代の越王祖無予、を天皇祖だった事を、公開している。
歴博とは、違う日本の伝承を、公開している、邪馬台国の日本の伝承を、公表している。教育の基本は、教育委員会が、まちがっていた、原点にたどり就かねば、ならない。
それを、児島宮歴研会  の任務と感じている。

万葉集は、五世紀後半の敏達天皇の頃の、記録であり、中国との遣唐使が行き交いしていた記録でもある。
日本書紀は、その後に天智天皇により、記録として、作られた書物である。
歴史が不可解の現代、偽書物と、明治以降になった現実、背景には、明らかに、されれば誤算と、解るのを隠す事が、現代の教育とも重なる。
明治に、児島高徳が、現存した人物ではなく、現代の読み物と、して、実在は、していないと、今でも歴史の改竄が行われて、歴博も、その一つとなっている。これが教育となっている。

文化財の発掘調査でさえも、伝承には行き着いてはいない、朝鮮半島渡来説の捏造に、しか、どうか、が?不明となっている。
児島宮歴研会は、その点違う方法で、貝合わせのように、見比べて相似になるか、を目的としている。
その一つとして、今回は、「てんぽ、が、梨」が、日本の伝承を語っている事になると公表する。
「てんぽ、が、梨」といっても、明治に、栽培されたと、勘違いされては、教育委員会の二の舞となるだろう。そのようだと、日本の伝承には、ならなくなる場合も出るだろう。唯一では確証は得られない、相対こそ、求める作業ともいえる。
良く見ないと脱字や誤字となってしまう時もパソコンにはある。

「てんぽ、が、梨」と古代夜須との相似点はあるのか?それは、夜須の松延の遺跡調査で、梨の木遺跡が、何か、古代語に、「てんぽ、が、梨」名が伝承している事が解る、それが「日本書紀」と一致していたのです。
これは夜須の松延梨の木遺跡で、栽培されていたと、なるでしょう。
日本の中に梨の木遺跡で栽培されていたので地名の起こりとなっているかも知れません。

伊勢神宮、の他、古代社にしか、見えない。何か意味があるのだろう?
神功紀匹 w (乙 00 首?茂梨之處付。 日本梨は「日本書紀」(720年)などに栽培の記録があり 私たちになじみの深い果物のひとつ『梨』ですが、実は弥生時代から食べられていたようです。
私たちになじみの深い果物のひとつ『梨』ですが、実は弥生時代から食べられていたようです。
この梨は日本書紀に、記載されていて、児島宮にも、昭和初期まで、梨が実っていた。ケンポ梨とは、まったく違う植物。ルイスフロイスの、世話をした曹洞宗の佐々木淨慶が坂根に開いた寺跡にも、のてんぽ、が、なし、が蓬莱山水の池に、そびえている。故に、この梨は日本書紀に、相似し、日本開始に、福建省から、持ち込んだのであろう。
古事記についで古い史書である日本書紀に下記の記述があります。 (原文) 持統天皇七年三月丙午条詔。令天下勸殖桑紵。梨栗。蕪菁等草木。日本書紀には桑・栗などと共に梨の栽培が奨励されていたと記載されています。 紀元前の地名夜須の松延の字名、梨の木が見える、夜須には古代地名が受け継がれていて、鳥巣などある。

 

日本の考古学の現実は、?遺跡は消滅証拠もなくなった 

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 9月 2日(金)13時08分32秒
編集済
  日本の考古学の現実は、?
こんな法律のおかげで、日本全国々いたるところで365日発掘調査が行われるが、遺跡は消滅している。
これと同じなのが、無益な憲法と同じで、催眠商法にかかり、正気ではなくなった。
遺跡が消滅したように、日本は日本でなくなっていた。
変わりに、住宅が立ち並び、
その事すら、何を意味するのか?理解する者はいない。
これが無益と解らないのは、悲しい事である。
考古学は何も学べなくなったのは判る人すら、誰もいない。
ここに遺跡の重要さがある?
遺跡は人間の先祖を語ると同じく、役目があった事は、誰も、悔いにせず、知らずに、地上から消えている。
戦争は何故するのか?
イラクにしろ、トルコにしろ、
戦争の目的は、?
遺跡の抹殺に、他ならない、人類の危険な存在。
そういえば、
こんな法律のおかげで、日本全国々いたるところで365日発掘調査が行われるが、遺跡は消滅している。
発掘調査の後には、どうなったのかと、戦争の足跡は同じである。
発掘調査の後には、住宅が密集し、た変わりに、施設が足りなく、税金が増える、過去となって家は、人は歴史は、消えた。


憲法破壊者政治と同じ戦争は、人類が無益になる?

何ひとつ変わりそうにない日本考古学協会の態度
考古学が解く日本人の現実/
現実はそれほど甘くなく両親などにずっと昔話したら何をばかな事を・・と一括される。
否めない。 その主な原因は、日本考古学における「理論」の欠如である。
考古学は古い時代のことを研究する学問だと思われがちであるが次元の、過去がなければ、すべて無益となる。

憲法が改正されている、宇宙探検と同じく、人類の未知な、調査よりも、過去がなければ、すべて無益となる。
少子化高齢の今、すべて憲法改正しても、無益なだけで、他民族の世界になるだけ。
日本の考古学の現実は、?遺跡は消滅証拠も、なくなった事を思い出してほしい。

現代は新しい事だけ、モノの大切さが、消滅証拠になった。
 

天、つまり神という事になります、ともに一致している

 投稿者:児島宮考古学  投稿日:2016年 8月17日(水)20時12分18秒
編集済
  一致すごろくの、ように一致しない、明治以降の不可解な時代は白紙状態?
日本は扶桑のように太陽が東から上り西に落ちる、?随書倭国伝にある通り、扶桑の国と言われた。
天、つまり神という事になります、ともに一致しているのか?扶桑といいます。
扶桑筑紫はともに一致しているのか?扶桑といいます。これは会稽の安邑の名と筑紫夜須の名は、ともに一致している

明治以降から、天皇は、別人がなっている?神国とは言わない、天皇でも無い?

現代はすべて間違っている。すべて一致しない。憲法はすべて一致しない。



 

日本の天皇が開示された、と同時に、日本の歴史が変わる、、白紙に?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 6月22日(水)19時07分24秒
編集済
  「日本の天皇が開示された」?と同時に、日本の歴史が変わる、白紙に?
それは、重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた雲巻き模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs

インターネットサイトで、偶然目にしたのは、
福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた雲巻き模様が、貝原益軒の先祖にあたる備中国吉備津宮の神官賀陽であった事が、吉備津宮の創建まで解読する事゛が出来た。
貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた雲巻き模様が、児島宮の先祖にあたる事から、一致するのは、この、治城の先を辿ると、呉越の越王勾践その先は、河姆渡遺跡の夏王朝となっていた。

吉備津宮の貝原益軒の先祖賀陽(がよう)氏が神官だった事から雲巻き模様で、今年発見の、福建省屏山、治城の華夏平山天皇標示(越王無渚雲巻き模様で、平山天皇標の宮である)を児島宮考古学研究室がヤフーオークションの中に出品されていて、大発見となった。
雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。
この雲巻き模様は奈良田原、神武天皇の宮殿の軒丸瓦当てた一致した。
吉備津宮の貝原益軒の書、の箱には、「雲巻き模様」が記されてり、、「雲巻き模様」と福建省屏山、治城の華夏平山天皇標示(越王無渚雲巻き模様で吉備津宮の、創建者が治城の華夏平山天皇標示、の解明となった。書軸に、書かれた文字は、「天地の秩序」は親子の間の秩序
日本神話の要約解説と何ら変わりはない。桃太郎神話は、ここから出来ている。
宇宙の秩序の基本は、親子の秩序と同じ。
今の日本は憲法で、日本の秩序では、すべて、違うものに、なってしまった。

菜根譚とは?人生の指南書
菜根譚(さいこんたん)は、中国の古典である。
治城の華夏平山天皇標示(越王無渚雲巻き模様)の夏王朝の事である。

天地は万古(ばんこ)有るも、此の身は再び得られず。
人生ただ百年、この日最も過(すご)し易し。
幸い、その間に生まるる者は、有生(ゆうせい)の楽しみを知らざるべからず、亦(また)虚生(きょせい)の憂(うれ)いを懐(いだ)かざるべからず。



天地は万古(ばんこ)有るも、此の身は再び得られず。
人生ただ百年、この日最も過(すご)し易し。
幸い、その間に生まるる者は、有生(ゆうせい)の楽しみを知らざるべからず、亦(また)虚生(きょせい)の憂(うれ)いを懐(いだ)かざるべからず。



貝原益軒出身の備中国吉備津宮の創建したのは、なんと、平山天皇?だった。
ここに天皇の、始まりは、日本よりも、前の、中国福建省屏山平山にある事が二年前地鉄工事で、ビン越の治城の軒丸瓦の模様から、日本の瓦の原形が遂に解明した。
この、治城の先を辿ると、呉越の越王勾践その先は、河姆渡遺跡の夏王朝となっていた。
中国福建省屏山平山県平山は、なんと、日本の天皇の平山天皇、発祥地である事を、解明したのは、児島宮である。

児島宮の名前と言えば、後鳥羽上皇の息の頼任親王が、承久の変で、備後の児島へ、流されたのが、児島宮の始まりである。
児島高徳といえば、大覚寺の大僧正を兼任中、「太平記」を、作本した事で、知られている。
この、「太平記」の中には、天皇の先祖を書き残していると、児島宮歴研会が、河姆渡遺跡発見前、二十数年前の事。
この頃は中国さえ神話としか、判っては,ゐなかったと、している。

これで日本の「てんのお」、が一目で、判明し、朝鮮半島渡来説は、白紙となった。

後鳥羽上皇の先祖あたる、天智天皇の父が、舒明天皇、で、かばねは、平山、てんのう、とある。
ウガヤ尊は平山御陵とされていて、福岡県朝倉夜須に、墳墓があり、この平山御陵の中から、王冠が発見され、所有者に、児島宮歴研会が承諾を、取り付け、福岡の梓書院から、「豊葦原国から邪馬台国夜須へ」で出版発行、公開していた。ので、ご覧頂きたい。
この頃は日本の考古学では、須恵器朝鮮半島渡来説に終始していて、今でも解明には至っては、いなかった。
岡山の吉備津宮でさえ、創生は解明されては、いなかった。ここで、今、吉備津宮の創建したのは、平山天皇事、孝元てんのう、ではあるまいか?
神話と言えば、平山天皇に、あたらせられよう。
児島宮の先人、佐久間信栄事、ハビアンも、秀吉の朝鮮征伐頃、同行し、天草で、イソップ物語を、出版した事は、児島宮歴研会がインターネットサイトで、公開しので、今では、その数多し。
https://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E6%9B%BD%E4%BF%9D%E7%89%A9%E8%AA%9E-432819

「蝉と蟻(アリとキリギリスの原型)」などは「桃太郎」「花咲爺」と同じレベルで日本人に親しまれている。
それ以前から伝承されてきた古代メソポタミアのもの、後世の寓話、

日本では、1593年(文禄2年)に『イソポのハブラス (ESOPO NO FABVLAS)』として紹介されたのが始まりで、これはイエズス会の宣教師がラテン語から翻訳したものと考えられており、天草にあったコレジオ(イエズス会の学校)で印刷されたローマ字のものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97%E5%AF%93%E8%A9%B1

江戸時代初期から『伊曾保物語』として各種出版され、普及し、その過程で「兎と亀」などのように日本の昔話へと変化するものもあらわれた。内容は現在のイソップ寓話集と異なる話も収録されており、さらに宣教師向けの『イソポのハブラス (ESOPO NO FABVLAS)』と、読み物としての『伊曾保物語』の間にも相違が見られる(16世紀末の日本における宣教師の出版についてはキリシタン版を参照)。


『イソポのハブラス』


「  イソポのハブラス
ラチンを和して日本の口と為すものなり。ゼズスのコンパニヤのコレジョ天草においてスペリヨレスの御免許としてこれを板に刻むものなり。
  御出世より 1593
   読誦の人へ対して書す
 惣じて人は実もなき戯れ言には耳を傾け、真実の教化をば聞くに退屈するによって、耳近きことを集め、この物語を板に刻むこと、喩えば樹木を愛するに異ならず、その故は樹には益なき枝葉多しといへども、その中に良き実あるをもって枝葉を無用と思はぬが如くなり。故にスペリヨレスの仰せをもってこの物語をラチンより日本の言葉に和げ、いろいろの穿鑿の後、板に開かるゝなり。これ真に日本の言葉稽古の為に便りとなるのみならず、善き道を人に教へ語る便りともなるべきものなり。
  イソポが作り物語の抜き書
  犬が肉を含んだ事
 或る犬、肉を含んで川を渡るに、その川の真中で含んだ肉の影が水の底に写ったを見れば、己が含んだよりも、一倍大きなれば、影とは知らないで、含んだを棄てて水の底へ頭を入れて見れば、本体が無いによって、即ち消え失せてどちらをも取り外いて失墜をした。
  下心

天草本は12種類が残っており、「平家物語」や「金句集」などがあります。「天草本伊曽保物語」は現在でも「イソップ物語」として知られています



 

てん‐じゅ【天授】も知らないで、古代史を語るな、、解明など、毛頭もないのが、これだ?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 6月14日(火)16時09分36秒
編集済
  てん‐じゅ【天授】も知らないで、古代史を語るな。
今の考古学に、は、解明する等、毛頭もないのが、これだ?

天の鳥笛も、知らないので、そのままにしている。始めから知ろうとは思わない。
だます、に教育委員会文化財は徹している。
奈良田原の神武すら、奈良田原文化財は、真剣に解明など、頭の中に、はじめから、置いては、いない。

今の日本は相手に平気で嘘を吐いている、つまり安心させておいて、油断させ、反対の事しかしない、騙すことしか、頭にはないのだ。
人を騙すのは、相手の思うとうりに、口裏を合わせて、持っていき、実際は始めから、思っていないので裏切る。
政治や警察にしろ、相手が違反、悪いと、しているが、ただ法一筋、内心は、悪い事を、しているのに、反対の事しかしない、のは目をつぶり、弱い人間にだけ、攻撃している。見本は日本国憲法と同じ、国民を騙しているだけ。

東京都知事すら自民党推薦なので、与党の歩が悪いのに、悪いと言いながら、最後には、?国民をがっかりさせるのは、詐欺師と同じ。

【天授】も知らないで、は国民を、がっかりさせるのは、詐欺師と同じ。
今の日本は京都にしろ、ビルの谷間に、なっているのは、破壊先行で、京都を無くして、消して、いるのは、詐欺師と同じ現代が、やり方をしているという事。
教育委員会文化財とて、詐欺師同然で、歴史の破壊者か、詐欺師か。調査の後は?遺跡が永久に消えている。
これが始めから、遺跡は、消して、壊している。

貴重なのは?てん‐じゅ【天授】と現代のつながり、であろう?天授は何を合わしているのか?飾りだけではありません。
米が続いているかの用だが、米作は、減反で生滅か?それは政治の詐欺師と同じ。

詐欺師等今の日本には居てほしくもない。

考古学者が口に出さない?詐欺師の現代?


 

不変とは いつまでも変わることのない様。 類義語: 万代 万歳

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 5月 9日(月)08時25分41秒
編集済
  不変とは いつまでも、どれだけ時間がたっても変わらないこと。

今の日本は、すべて正しい?、正しく行われては、いなかった?

まずこれを考えるときに、庸(中心、中庸)が、物事の、はかりの起点となっている。

だが現代は、すべて、憲法が、正しいとしているものの?
法律は改正されて、今までの法とは、違う事は誰にも、判るであろう。だがこの法律では、解決できない時は、裁判で、決め手しまうという、ここには矛盾が、起きていて、半々とは、なっては、いない?たとえ名裁判官でも、正しいとは、、言えないことは、今と昔とは、不変とは いつまでも変わることのない事とは、大きな違いが、起きている。
ここで本当に正しいというのは、不変とは いつまでも変わることのない事なのである。

今と昔は違うという現代は、何が起点か、出ていません?これは同じではないという事になっている。
このままで、いいとしたら?
間違いを正さないと、どうなる?李下に冠を正さず - 故事ことわざ辞典
【意味】, 李下に冠を正さずとは、誤解を招くような行動はすべきではないといういましめ。
【注釈】  スモモ(李)の木の下で曲がった冠をかぶり直すと、スモモの実を盗んでいるのではないかと誤解を招く恐れがあることから。
「正さず」は「整さず」とも書く。
【出典】  『古楽府』君子行
【注意】  -
【類義】  瓜田に履を納れず/瓜田李下/李下の冠瓜田の履
【対義】  -
【英語】  He that will do no ill, must do nothing that belongs thereto.(悪事をすまいと思う者は、悪事と思われることをしてはならない)

仰ぐとは、
太陽や月を仰ぎ見るという意味と、神、てんのお、を仰ぎ見るという意味と同音。
仰ぎいただくという意味のこと。

今の教育委員会や教職員は、君が代を、仰ぎ見るという事に反対している。これが子供の教育に同じとすれば?を仰ぎ見るという意味と同音では、なくなります。つまり教えに従わない事を表している。日本の現代の間違いはここに、行きつく。

正々堂々: 公正で偽りなく、真正面から事を行なうこと。正しく整っていて勢いの… 千方百計 ... 千古不変: いつまでも変わることのない様。 千古不抜: いつまでも変わることのない

憲法は使用すると人間が駄目になってしまうと、喩えの古代人。仰ぎ見るという意味と同音。

ふへん【不変】とは。意味や解説、類語。[名・形動]変わらないこと。また、そのさま。不易。「―な(の)真理」

日本の名言  さざれ石の巌となりて、苔の生すまで 君が代  日の丸

四字熟語「永久不変」の意味などを掲載しています。 ... 読み方, えいきゅうふへん. 意味, いつまでも、どれだけ時間がたっても変わらないこと。 類義語, 永永無窮(えいえいむきゅう) ? 永遠無窮(えいえんむきゅう) ? 千古不易(せんこふえき) ?






 

おど゜ろきの教育委員会文化財課の実態?知識が欠如していた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 4月 1日(金)08時18分10秒
編集済
  おどろきの教育委員会文化財課の実態?ほとんどの知識が欠如していたばかりか、専門限定に執着し、見間違えていた。
専門というのは、他の部は、学ぶ必要はないということである。今の学問も、高校、大学にしても、専門部外は、学ばなく、なっている。
ここに専門?文化財課と、教育とは、個別?しか、知る事は、できなく、なって、今に続いている。

これが今の日本全体になって?
憲法制度にしろ、あいまいだらけで、教育委員会文化財課と同じく、実態?ほとんどの知識が欠如していた?
なんの話それは?

知識が欠如とは?日本人は日本語を使った歴史が、二千数百年も続いていたが、日本以外の他国との、言語は、非常に短かった。
主に英語は、国民には、通じていないが、生活には、あまり影響がなかった。

英語が普及したのは、明治以降に、クリスチャンに、影響された他国の外国言語がまじり、こんで、往くうち、近年になり、英語塾に通う者や、学校でも中学時期に、学ぶようになり、
日本の歴史は、忘れられてしまう。
きっと、過去の歴史は、生活には、他宗教の今では、必要としていなく、なっている現実、これは現実だけあれば、過去は、関係ないという考えによるもの。

知識が欠如とは?、我々に今があるのは、祖先がいたから、つまり、前後の関係なくしては、我々に今は無い。これは相合関係が、現実と結び付く、なるという事。

私が教育委員会文化財課で感じ取ったのは?、専門職以外は、わからないという事で?
日本のすべてを、表すには、過去なくしては、専門職だけでは、すべて、は知識不足になり、知らないとなっている。無理もない。だが無理だけでは、何にもならないのだ?
そう、なんでも合理でなくては、解る訳は、なかろう?
日本の歴史を、はじめを語るには、兄、親、祖先、から、受け継いでいるという事を知る、知らなければ、知識が欠如となり、解くことはできない。 専門というのは両立には、ならないのである。

我々が憲法は、国家と個人と共立しては、いないのだ?
国民と国会でも、専門職、公共役場の言いなりにされる、現実では、専門職しか?判りませんになってしまう。なぜ税金を払うのか?
税金等払う理由は、ないのである。
憲法にしろ国民は守らなくては、ならないのではなく、無知な為、知らなければ、知識が欠如となり、解くことはできない。

我々個人には、憲法は、部外視され、親兄弟や祖先しか、個人は守られていないのである。つまり憲法は個人とは両立していないのである。

ここからは、何が違うのかについて?
教育委員会文化財課は現実では、専門職であるが、日本の始まりは?専門職には解らないという。
ここでは日本の始まりとは、
華夏、今の中国と、両立していた、この知識なくしては、日本の歴史は、ひも解く事はできない。
児島宮考古学研究室  なくしては、日本の歴史は、ひも解く事はできない。

インターネットでも、両立、検索するにしても、日本だけでは、紐解けない。

私は絶えず、専門職に語るとき、いざなみ、いざなぎ、なくしては、男と女でも、両立しなくては、子孫は不可能と、初めに話している。
なんの意味と、専門職は、私は何も判らないと答えるだけ、何だ知識がそれだけか?今の現状

我々にとって重要な事は、親がいて、祖先により、育てて今がある、国会とは関係がく、国会という幻の、専門職に、そそのか、されているのだ。なので両立してはいない。

完全とは不変なり、現代は完全な時代と誤認している。

不変とは いつまでも変わることのない様。 類義語: 万代 万歳

変換は文字どおり「入れ替え」 無能な安倍総理は、移設方針は不変と説明 言葉の入れ替えは身勝手なり。作り変える、ろうとしている?

不変とは いつまでも、どれだけ時間がたっても変わらないこと。




 

固執された文化財課出土品、は、考古学歴史も解明されないまま倉庫の、中に、数十年、ほおり込まれている現状

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 3月10日(木)15時32分5秒
編集済
  固執された文化財課出土品、は、考古学歴史も解明されないまま倉庫の、片隅の中に、数十年間、ほおり込まれている現状に、発掘の意味も何もない。これでは、報告書作成とて、文化財課の固執された文化財課出土品は、一般開放して、関連者と対面の時まで、解明は不可能となっている。それさえ、分からないのか?

数多くの人に公開して見てもらって、、関連者と対面の時迄、待たなければ、発掘の意味さえ、何の意味もないであろう。


今になって、文化財報告書作成とて、なんの意味もないのに、今頃、作成しても、この出土品が、どうして存在していたのか?は、着きとめる事すら、記録時の、現状で、なくては、不可能となっている。

古美術品と同じで出所がはっきり、解明して、いなくては、オークションの鑑定は、不可能となっている。

ここに取り上げたのは文化財課出土品、は、現状維持で、なくては、すべて無意味となっている。

いうところの永久保存、でなくては、出土品に関連した人物以外には、解明は出来ないのである。自分の品物が自分の所有品と、解る人しか、確認は不可能という事になる。

今、教育委員会や文化財課が固執でも、記録しても、文化財課出土品、は、廃棄された土器同様でしか、なくなっているのだ。
教育委員会や文化財課が、いくら報告書作成といえども、
出土品が、どうして存在していたのか?は、突き止めることは不可能で、あろう。これでは報告書の意味は無きに等しい。
それは土器の関連者しか、突き止める事は不可能だからである。

ここに取り上げた探す、研究というのは、貝合わせと同じで、合わせる、ダブル対面?しか、解明は出来ないので、関連と融合時まで、解明はできないだろう。

固執された文化財課出土品は、七夕と同意を探すしか、意味がなく、教育委員会や文化財課が固執するのは、外に、なんの目的があるのだろう?


国民や町民が、やること、なすことを、着きとめるが、本当の人間の生き方である。

 

市町村では、町民が、やること、なすこと、を嫌うと、みんなが口をそろえて、いっていた、実に驚くべき事態に、国中がなっていた

 投稿者:言語同断  投稿日:2016年 3月 7日(月)18時08分22秒
編集済
  でまかせ、いい加減な教育委員会文化財課は、発掘だけが、なんの目的で教育委員会文化財課が出来たのかが、?
今日、大分県市の、資料館で、気になったので、尋ねたところ、市町村では、町民が、やること、なすこと、を嫌うと、みんなが口をそろえて、いっていた。


それが今の日本の、すべてになっていた?
市町村では、町民が、やること、なすこと、を嫌うと、みんなが口をそろえて、いっていた、実に驚くべき事態に、国中がなっていた。

市町村の管理、に変わってから、町資料館の、運営が、市の管理だからと、展示品にも制限されていて、町資料館の展示は一切できないと、嘆いていた。
市町村の前身が一切突き止め、されていないのと?
教育委員会文化財課の発掘に於いては、教育委員会文化財課の管理だからと、歴史の前身が一切突き止め、されていないで、終了。

これは何の為の?発掘調査なのか?になっていた。町の税金で、発掘調査しても、説明会が行われないで、そのまま、年数が経って、誰として、村の前身の歴史さえ、知る者がいないのは?市町村民の為になっていない、ではないのか。

新しいものしか、市町村の管理は、やらないと、市や町はいうのです。
何もないのが良いというのです?

市町村民が、管理されるようになったから?人間関係が壊れた?それは少子化高齢に、似ていた。
誰が少子化高齢に、してしまったのか?であろう。

国民が知ることは、どうでも、いいというのが、今の国会、憲法政治なのです。地名が消えている?反対に違う地名に変えていますね?これが今の憲法政治なのです。
今の子供たちが、歴史?教育さえ、知ることは出来なくなったのです?それが学問ですか?

国民や町民が、やること、なすことを、着きとめるが、本当の人間の生き方である。




 

脚本された古代史の教育委員会文化財課に、国民はゆれ動いている?

 投稿者:考古学教室  投稿日:2016年 2月 7日(日)08時55分39秒
編集済
  脚本された古代史の教育委員会文化財課に、国民はゆれ動いている?
近年の日本を見るに偲ばず、手仕事日本は、なくなり、その時、ふと、思ったのは、脚本された、尽くした、出来の悪い、学問というより、考古学協会の有様だろう。
考古学協会は脚色一辺倒に、なりすぎて、学問といえば、考古学や歴史でも、テレビ時代劇戦国ドラマさえ、すべて、作者?考古学協会員の脚本した、報告書に、為れそみ、真実ごとき、明治以降の天皇を、脚色仕立て、国会から公務員に至り、北朝鮮在籍であるにも関わらず、日本名にほとんど、脚色するという、卑劣な、態度に出ている。

古代史は脚本されても、良いのだろうか?歴博の捏造事件は、ほんの一かけらであり、それが、今の憲法とて同じ、脚色されているに過ぎない。
安倍総理による、憲法改正は?単なる脚本した新しい、よりよい、国に、なると思って、国民は見ているのか?

テレビ朝ドラ、昼ドラの視聴率は、脚本した新しい、よりよい、と見ていたのが、国民はそんなに、朝ドラ、昼ドラの脚色された物語に、最低の視聴率で、ところ少子化、高齢社会に変わり果てている。
民営化は、発掘と似ており、収める場所がなく、ほとんど、隠され廃棄処分されているという。
少子化、高齢社会と、同じで、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。

大切に扱わないのが、憲法社会の果て、脚本された憲法に、大切に扱わないのが、少子化、高齢社会と、同じで、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。

奈良の古墳は、調査により、、中はカビが、壁画さえ、はぎとられてしまっているでは、ないか?
宮内庁の責任は、罪深いものが、出ている。全国の重要な遺跡は、宮内庁管理だが、?実態は、廃棄処分にしているのだ。
全国の教育委員会文化財課は学問の一部であるが、これらはすべて脚本で、模った、教育にすぎないだろう。

現に少子化、高齢社会と、同じで、役所とて、?賞味(保障)期限は短く?書類とて、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。
現に全国の市役所は、脚本した法律で、国民が自分で切り開いた土地までも、脚本した法律で地主を捕縛、強制実行して、奪って、道路にしているではないか、人間の心を破壊を廃棄していたのは?何と、北九州の市役所であった。
同じ似ている?、
個人財産までも、全国の市役所は、憲法にのっとり、住まない家の処置までも解体執行権゛ンにして、廃棄処分にしてしまうとは、憲法社会の果て、脚本された憲法に、人間の心を破壊ズタズタに切り裂く個人の所有物までも、尊重されず、大切に扱わないのが、証拠なのだ。

憲法社会の果てが、脚本された憲法に、人間の心を破壊ズタズタに切り裂く 都道府県市町村役場は、もう廃棄処分にして、しまうしか、人間の尊重は、取り戻せなく、なっている現代日本。 

学問といえば、考古学や歴史でも、テレビ時代劇戦国ドラマさえ、すべて、作者?考古学協会員の脚本した、報告書に、為れそみ、真実ごとき、


今朝のNHK討論会で、与党自民党は甘利氏の援護の、脚本された、言葉にも、脚色した、解釈に、あけくれる、ばかり。そんなのは、討論会ではない。
北朝鮮が今フィリッピン海にミサイル発射に、自衛隊は追撃ミサイルは発射しないだろう?それと教育委員会の有様と、同じで、あろう。
米国の日本防衛は脚色でしかなく、憲法も同じ傾向になっている。
まんがの世界か?吉本喜劇か?在日韓国北朝鮮人と同じ傾向。
国会も政治も、まんがの世界か?吉本喜劇か?在日韓国北朝鮮人と同じ傾向。

憲法の人権に騙された国民? 北朝鮮が今フィリッピン海にミサイル発射に、自衛隊は追撃ミサイルは発射しないと同じこと。いや、国民は憲法に騙されていた。
憲法に人間の尊重は、なかった事が、はっきりした日、2016/2/7 9:25



http://

 

大きく古代日本史解明続ける児島宮考古学研究室に対し、全国の教育委員会文化財課連の協力は一切行って、いない

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 1月12日(火)18時37分37秒
編集済
  大きく飛躍続ける児島宮考古学研究室によるインターネット、発表であるにも関わらず、嘘で固めた、、全国の教育委員会文化財課にも、捏造した、日本人は五世紀後半に、朝鮮半島から渡来したとして、児島宮考古学研究室に、対し協力は一切行って、いない。
今迄の全国の教育委員会文化財課の、あいまいな、捏造した、日本人は五世紀後半に、朝鮮半島から大阪堺に須恵器工人が、渡来したとする説は、ここ神武天皇宮殿の雲巻き瓦当ての発見で、すべての研究が、振り出しに、戻った。
事実は奈良田原の、唐古鍵遺跡、から見つかっていた、土器に、線刻された、宮殿の事実は、神武天皇以前の東征以前、五十年前の福岡県朝倉郡夜須のウガヤ尊事(古代中国福建省、武夷城村の縣丑王)の続きが夜須に居住していた事から日本は始まった、のである。

これらに同等した教育委員会文化財課トップのの言い分は?訂正になれば?国民の信用に困るとの事。だがこのままで良いとは、言えないのだが、すぐに新学期が目前なのに、何もない創造で生徒に、、指導するのは好ましくはあるまい。

まして停滞したままの、福岡県朝倉郡、筑前町も元の夜須へ、戻さなければ、古代史は、無意味の、ままになるであろう。地名そのものが、変わった事事態、古代史の隠蔽である。今の日本は隠蔽である。
古代史の隠蔽こそ、事実を覆い隠す事でしかない。

学問の日教組は、日本人ではない組織で、在日韓国北朝鮮人で塗り固められている有様と古代史の隠蔽は同じ事、国会政治も在日韓国北朝鮮人で塗り固められている有様、それは他国民であり、名前は日本と隠蔽は同じ、すべては、事実を覆い隠す事でしかない。
驚く事は、明治天皇以降から今の皇室は、日本人では無い?それは隠蔽は同じ、すべては、事実を覆い隠す事でしかない。
固有無実とは、無為という事である。
無実(むじつ)とは、中身(実)がないことを意味する言葉。

固有名詞は無実. 風説の流布(ふうせつのるふ)とは、組織の価値を変動させる目的で虚偽の情報を流すこと。人に対する「誠意がない」という否定的評価の表現。






http://

 

神武天皇の宮殿を確認したと、児島宮考古学研究室は屏山站挖出古代建筑?越国?殿と一致していた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月15日(火)15時04分13秒
編集済
  神武天皇の宮殿の瓦と、出土瓦当 ?皇室?用

2013年~2014年にシャン地下鉄平山駅の遺跡が見つかりました。

神武天皇の宮殿を確認したと、児島宮考古学研究室
これによると、児島宮祖である、地?屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址遺物と一致したと発表した。
神武天皇の存在は、学者でも、知られては、いなかった。
磁器須恵器夜須鳥巣、小隈窯は、やはり、屏山站挖出古代建筑?越国?殿と一致していた。

神の怒りの表れか?
12月に小隈窯の調査といいながら、やらない筑前町町文化財課に、神々は、児島宮考古学研究室に、日本の知られない、知ろうと、しなかった、のに、授けられたのであろう。
前先日に、神々は、授けられたのであろう。
突然の、児島宮祖である、地?屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址遺物に合わせて、神武天皇の宮殿のありかを、諭された。

これまで、文化庁は、児島宮考古学研究室の研究に、邪魔することばかりで、全国の教育委員会文化財課にも、捏造した、日本人は五世紀後半に、朝鮮半島から渡来したとして、児島宮考古学研究室に、対し、うてあっては、いない。

全面的に歴史は、児島宮考古学研究室のインターネットで、十年の歳月が過ぎた。これが神の思し召しなのか?
一筋の、糸で、児島宮考古学研究室と、浙江省屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址調査とを、ムスビつけられたのであろう。

一向に穿つが、上がらない、小隈窯の調査に、やる気がない、筑前町文化財課、に神々の、追い打ちか?

写真上  唐古鍵遺跡が神武天皇の宮殿図

写真中  武夷宮の瓦当

写真下  地?屏山の治城遺跡 平山駅
 

慶南は筑紫夜須の玉依姫の長男が初代の王に、、ゆかり、さらに、須恵器?硬質土器が中国発祥である事に、突き止めた、

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 1日(火)11時37分42秒
編集済
  慶南は筑紫夜須の玉依姫の長男が初代の王に、ゆかり、がある事を児島宮考古学研究室が、筑紫夜須古代窯と発祥を解明した、さらに、須恵器?硬質土器、姒祭祀に使用していた事が、元々は中国発祥である事に、突き止めた、これは、豊臣秀吉時朝鮮征伐で、黒田長政が、倭城を築いた梁山の陶工を、連れ帰ったのは、秀吉が伽衆佐久間不干斎から、慶南について、聞いて、知っていた事も、浮かんで、出てきた。児島宮の祖佐久間不干斎あっての、浮かびであった。
秀吉が、朝鮮の国を、倭と同じ、歴史と、思っていた事も、陶工を、日本へ連れ帰った理由かもしれない?

墳墓から出土した、須恵器?硬質土器(東京国立博物館蔵)が、朝鮮発祥では、なく、父ウガヤ尊と同じ王冠、山型に相似していた事からも、判明したという。
この1920年に総督府が発掘し、東京国立博物館に寄贈している。

ここに紀元前前、古代新羅しるろは、中国楚人の定住地で、その、しるろは、越王勾践の娘が嫁いで、生まれた恵王の後胤て、始皇帝から滅ぼされて、慶南に定住地としていたとなる。

韓国から寄贈され、東京国立博物館に収められたのが、今までの韓国では、歴史の真相が、児島宮考古学研究室に、目が行き着かなければ、教育委員会文化財課と同じ、無意味な、古代歴史のままに、なって、いただろう。

韓国歴史の後先が逆さま、須恵器韓国渡来、に、なっている現状 で、判るだろう。

こで筑紫夜須の墳丘墓から掘り出されていた、鷲尾墳丘墓の王冠と須恵器?硬質土器や豊臣秀吉時朝鮮征伐で、黒田長政が、倭城を築いた梁山の陶工を、連れ帰った事からも、相似が、佐久間不干斎の茶に、結びついては、いないのか? 茶は、何であったのか?いう迄もなく、茶は、人を神の空間と結びつけて、いるかのようである。

ここに示す慶南墳丘墓王冠と筑紫夜須の墳丘墓が父子を、結びついていた。

ここで言えるのは古代の記録は児島宮なくしては、真実は何も浮かんで、こなかったであろう?
今思い浮かんだのは、中国の古代「河姆渡遺跡」さえも、中国゛すら、何もなかったそうである。
佐久間不干斎の子男子二人、佐久間改め、ウガヤ尊の平山甚九郎正成と、秋月助九郎長興、なくしては、結びつきは、無かったであろう。

今児島宮には、元祖の礎が、日本の結びつきを、示しているのいう。
今児島宮には、日本の歴史の真相が、秘められていると言える。
伊勢神社といえども、日本の歴史が紐解けないのは?続いていないからである。

上の画像は慶南墳丘墓王冠
中の画像は梁山本
下は鷲尾墳丘墓の王冠

これら山形王冠の原型は、夏王朝からの冠であり、山形は、九で九州を制するとある。



 

高取焼の朝鮮陶工地で判明した筑紫で生まれた玉依姫の長男が初代の王墓か

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年11月24日(火)15時42分19秒
編集済
  古代の新羅には、筑紫で生まれた玉依姫の長男が初代の王となって、横穴式墳墓が作られた。
この時に、登り窯が、造られ、ていたのが、朝鮮土器の、始まりであろう。

ここ梁山古墳群(りょうざんこふんぐん)とは - コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E6%A2%81%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3%E7%BE%A4-1216125
大韓民国,慶尚南道梁山郡梁山邑北亭里,新基里,北部洞などに所在する。洛東江の東岸にあたり,その支流明谷川をはさんで南北に二つの古墳群が分布する。北の城隍山城(北山城)の北西にのびる稜線上に立地する古墳群は100基以上の円墳からなる。その西端の北亭里10号墳(梁山夫婦塚)は,1920年に発掘された。径27mほどの円墳で,短い羨道をもつ竪穴系横口式石室墳である。玄室内の棺台(石床)上に,夫婦とみられる遺骸を伸展葬していた。

北亭里10号墳(梁山夫婦塚)は,1920年に発掘
梁山夫婦塚
りょうざんめおとづか
Yangsan Pubu-ch'ong
韓国慶尚南道梁山邑の三国時代の墓。山腹の突端に位置し,径約 55m,高さ約 9.2mの円墳で,野石積みの横穴式石室をもつ。主人夫妻を含め計5体が発見された (1920) 。金銅冠,銀か帯,銀腰佩,金銅沓などは新羅文化との深い関連を示す。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


【加羅】より

… この時期の文化は,地域的な特色が明瞭になり,王の権威もさらに高まり,古墳はますます大型化した。たとえば梁山夫婦塚は,直径約55m,高さ8m強もあり,その遺物には新羅の金冠と同型の金銅冠などがある。その他の遺物で冠帽や馬具,甲冑などは,高句麗から影響を受け,馬具や甲冑は日本に影響をおよぼした。…


【梁山古墳群】より

…北の城隍山城(北山城)の北西にのびる稜線上に立地する古墳群は100基以上の円墳からなる。その西端の北亭里10号墳(梁山夫婦塚)は,1920年に発掘された。径27mほどの円墳で,短い羨道をもつ竪穴系横口式石室墳である。…

※「梁山夫婦塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


でまかせいい加減な教育委員会文化財課の、ほとんどが是か?
梁山古墳群を五世紀後半と決めつけた、梁山古墳群の、朝鮮陶工の大阪渡来説は、大間違いである。

竪穴系横口式石室は春秋時代よりの越国の特徴でもある円墳墓である。蚌埠双墩一号春秋墓墓葬封土春秋時代
この頃に祭器用、磁器窯が始まっている。

倭城(わじょう)
http://www.junk-word.com/taiga-drama/xn--f6qx0wq4bm15evzg/002307.html

新羅のころは挿良州、統一新羅のころは良州と呼ばれていた。
高麗時代に梁州に改められ、李氏朝鮮時代に梁山郡が成立した。http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/%E6%A2%81/%E5%B1%B1/%E5%B8%82/%E6%A2%81%E5%B1%B1%E5%B8%82.html

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


横穴式石室
よこあなしきせきしつ
古墳の内部構造の一種。一方の側に外に通じる出入口をもつ石室をいう。遺体を納める部屋 (玄室) と外に通じる通路 (羨道) とから成る。中国では漢代に発達し,朝鮮を経て日本に伝わり,古墳時代の後半期に盛んに造られるようになった。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。
https://kotobank.jp/word/%E6%A8%AA%E7%A9%B4%E5%BC%8F%E7%9F%B3%E5%AE%A4-146009#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8

梁山市(ヤンサンし)は大韓民国慶尚南道の東部にある市である。
http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/%E6%A2%81/%E5%B1%B1/%E5%B8%82/%E6%A2%81%E5%B1%B1%E5%B8%82.html
 

西日本新聞に記載されている。日本の原点が初めて、出た

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月13日(火)08時22分23秒
編集済
  西日本新聞に記載されている。日本の原点が初めて、出た、西日本新聞記者撮影は、目にしている。、「記紀」の中に『象の布江』、が日本を解き明かし、立証したのは、西日本新聞に記載されている。日本の原点が初めて、出たのである。
象の布江が、日本の痕跡を、示していたのである。

写真は上から、西日本新聞記者撮影
中は児島宮考古学研究室撮影
下はメソポタミアの撮影

象乃布江」= 『天之鳥笛』か? 西日本新聞

天之鳥笛?虹の旌を張り、天之鳥琴・天之鳥笛、波に随ひ潮を逐ひ、杵を鳴らし曲を唱ひ、七日七夜、遊び楽しみ歌ひ舞ひき。時に賊党、盛りなる音楽を聞き、房を挙げて男女、悉尽に出で来、浜を傾け歓び咲(わら)へり。
天の鳥笛については、誰も、その根拠を開陳していない。

天の鳥笛は、鳳凰が羽を立てて止まる時の形に似ているという。
 『風俗通義』(後漢・劉向)は、「笙は、長さ四寸で簧(舌・リード)が一二、鳳の身体を象る」という。『説文解字』(後漢・許慎)は、「笙は、簧が一三あるもので、鳳の身体を象る」という。『楽書』(宋・陳陽)には、「(周の霊王の)王子晋の笙は、鳳凰の翼の形を象っているので鳳翼笙という」とある。
 『[土蓋]曩*(あいのう)抄』(観勝寺行誉、文安三年・一四四六)は、「笙の吹所差出たる口をば[口朱]と云、形を鳳凰に像れば口をも鳥觜に擬(なぞえ)へて云也」という。http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/simin13/hitatima.html

天の鳥笛は、この天に、「象之笛」で、訊く、というのは、すべての、事に、天から、答えが来ると、されていたという。児島宮考古学研究室
祭祀器には、日本では、まだ、知られてはいないが、古代中国の春秋時代の、「夏后」では、王が、諸々の祭祀の時に、
伺っていたという。
土器で、形をつくり、その土器に象形文字を刻印して、立てて、天に、「象之円筒」で、伺って決めたそうである。http://yasukojima.exblog.jp/i4 g)許可が必要

このような、天に伺うことは、イラクのメソポタミアで、やはり象形文字を、粘土に刻んで、諸々事を、天に伺ったと、いう。
これが、「宇宙の樹」の祭祀の始まりといわれる。
日本で須恵器というのは、葬送の土器と、して朝鮮半島から導入したのが基本と、まったく、無関係な想像だけで、須恵器年代が五世紀後半に、大阪陶邑に、朝鮮から渡来した土師氏、あめのひほこ、等によって、須恵器窯が始まったとしているのは、すべてが、想像に過ぎない。

でまかせいい加減な教育委員会文化財課は、、史実とは何ら関係もなく、
間違った日本の解説が、すすんでいるのは、早く訂正しなければ、ならないだろう。
史実が根底から、間違っている?

文献上の初出は日本書紀の「天之鳥笛」であるが詳しい形状などは不明である。

天之鳥笛を、天に届けたすな. はち音声 ....  ...成された。




 

児島宮考古学研究室は、誰なのか、知っている、それは王冠が、身元を、象していた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月10日(木)12時13分30秒
編集済
  和氏とは、古代中国では、殷を滅亡して出来た,紀元前千年前周の武帝が開祖となった。周は七国に別れ、姓は、姫氏となった。ウガヤの妻玉依姫も和氏で又は倭人と言われた。児島宮考古学研究室著

然し、玉依姫は
ウガヤの妻となったので、里が縁戚に当たる。
ウガヤは本当に実在現存していたのか?それは児島宮考古学研究室著しか、立証はできない。


児島宮考古学研究室は、誰なのか、知っている、それは王冠が、身元を、象していた。ここに、近年「記紀」の中にも、記載してあったのが、「記紀」の真実性を、解き明かした時になった。

昨年新年の時、、朝倉郡無筑前町下高場区の田屋の農家の裏から小隈窯の須恵器灰色硬質土器が、「記紀」の中に象の布江、が日本を解き明かし、立証したのは、西日本新聞に記載されている。日本の原点が初めて、出たのである。
象の布江が、日本の痕跡を、示していたのである。
さらに八千年遡る事も、児島宮考古学研究室によって立証された。

この象の布江の発祥も、児島宮考古学研究室著によって、立証されている。何故立証出来たのか?知りたいところだろう。
それは児島宮の先祖も、あらわしていた?児島宮の先祖は、後鳥羽上皇の子息頼任親王を祖としていた。
後鳥羽上皇の先祖は桓武帝、その先はウガヤ王、であった。
これだけでは、立証はできない、
ウガヤ王に付いて、『記紀』を解明したのも、児島宮考古学研究室ならではで、あった。

『記紀』の文中、日本のおいたち始まりについて、
武夷命とあり、この意味も児島宮考古学研究室ならではで、あった。トーテムとは流の事を指していて、武夷命とは、浙江省にある武夷の城村の東越王の事である。
武夷の城村の東越王とは、紀元前百十一年前に、漢の武帝により、こうじゅんの間に移れと、いわれたが、その国の王丑である、罠十万人は忽然と姿が見えなくなったとあり、
その十万人とは、九州制度を開いた王丑である、丑が、因んでウガヤと、名乗ったのは?立証するには、何か痕跡があるはず、それは、
王丑の元祖は夏王朝の、禹帝と判る。
これを立証する、禹帝の後胤つまり東越王の事が記録されている。越王勾践の先とは、禹帝とあり七代が日本の紀元前の越王無予と記録がある。
日本の中にも、児島高徳が太平記の中にも取り上げていたのが、越王勾践の先について立証していたのである。
禹帝とは、何?夏王朝の開祖で、河姆渡遺跡がその跡と、中国の調査で、立証されている。
その河姆渡遺跡から出土している、「象の布江」によって、日本の元祖が、解明されるのである。
 

でまかせいい加減な教育委員会文化財課の、ほとんどが是か?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月22日(土)20時07分44秒
編集済
  「ガセネタ」 の由来と語源
いい加減なことを表す「でまかせ。」これはもしかしたらデマとガセからできている。
ガセネタとは、偽情報、事実と異なる嘘の内容からなる情報のこと。
ようは作り話の事。全国の教育委員会文化財課の、ほとんどが是か?

もともと偽物という意味があるのだそうで人騒がせ(ひとさわ「がせ」)からきたという説の事。マスコミ関係者の間で「情報」という意味で使われるようになったことで「偽情報」という意味でのガセネタも一般人の間でも広く使われるようになった、これがでまかせいい加減な「偽情報」が国会にも、使われている現況。でまかせで、いい加減な自民党、公明党、野党政治が起きている。

現実に、教育委員会文化財課の発掘調査は原形を破壊して、跡がなくなり、ビルに変わり果てて、根源まで無意味にしている?のが現実であろう。

事は原形を破壊しても解説に、ようは作り話の事。全国の教育委員会文化財課の、ほとんどが是か? いい加減なことを表す「でまかせである事が判った。
今の国会政治もこれと同じで、事は原形を破壊しても解説に、ようは作り話の事。憲法改正は「ガセネタ」だ。

「偽物」を意味する「がせ」と的屋の隠語で「「いかさま」 の由来
「無茶苦茶(むちゃくちゃ)」 の由来
」を意味する「ねた」を組み合わせることで、「まがい物」「まやかし物」「偽物」といった意味。

「妄言」はでまかせのことばで、「ぼうげん」とも読む。

安倍晋三の口からでまかせ百連発汚染水を海洋に拡散することは絶対にないアメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にない徴兵制は絶対にない口に出ている。
自公のいい加減さ、退廃は極(きわ)まったという思いが強くする。


 

教育委員会文化財課は、古墳時代は四世紀後半としていのは、根本から間違っている、教育委員会文化財課は、捏造していたという事

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 7月10日(金)14時51分17秒
編集済
  教育委員会文化財課は、古墳時代は四世紀後半としていのは、根本から間違っている?
そもそも古墳時代が間違っていて、紀元前から300年以降には、古墳(華夏式二次祭祀)は、造られていない。

それは教育委員会文化財課に問題があり、指図する事のことだけで、用いたから、人間の諸悪の根源となっていた。
根源不動が無い、今の日本教育委員会文化財課は、なぜこんな国になってしまったのか。その根本が問われている。
教育委員会文化財課は発掘調査と称して、遺跡を破壊し、大元さえ、消したのは?後世は、確認さえできない。そればかりか、文化財報告書は、熟語さえも、見えず?指図する事のことだけで、害悪が生じているそもそもの原因。

それゆえ盗作が、児島宮考古学研究室からの、盗作に集中している。
つまり指図する教育委員会文化財課事が悪の根源となっていたのである。


教育委員会文化財課は、捏造していたという事。

捏造とは捏造(ねつぞう(慣用読み)、でつぞう)とは、実際になかったことを事実のように仕立て上げること。「捏」の読み方は古くは「デツ」であるため、でっち上げの語源ともなっている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%8F%E9%80%A0

ねつ‐ぞう〔‐ザウ〕【×捏造】
事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。「記事を―する」

研究の現場で捏造がいとも簡単に行われる。
いわゆるでっちあげが、日本のすべてに横行している。

国会も政治も、憲法もいわゆるでっちあげが、日本のすべてに横行している。
政治も歴史も捏造していたという事。後世の学者も、なぜかそこへ乗ってしまった

少子化高齢になったのは、捏造していたという事が原因となったもの。平気で嘘を吐く韓国と同じの庸。

「基本的な論理」が詐欺的な手法により捏造されたペテンの論理である。
結果が出ても処分されない。






http://

 

浙江省武夷の東越国、華夏人の墓の形式を朝鮮半島形式と、間違いをしている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月28日(日)10時50分34秒
編集済
  華夏人の墓の形式が日本では古墳時代とされている、だがこの古墳は、考古学者等は、五世紀以降に定めていて、華夏人の墓の形式では無い、四世紀後半の、朝鮮半島形式と、間違いをしている。
ここに日本の考古学の全体が、間違っているのである。

ここに間違いの原理原本について学ばなくてはなるまい?
物事は三原則に、なっているという事を、先行して知らねばなるまい?

はじめと中庸と、おわりが、ある。

華夏人の天空サイクル巡回とは 、ものごとは三原則に、なっている。自然の朝昼夜 三原則

ここで日本の道徳と同じのが、華夏人から、齊国の孔子が習った、ものごとの、原本が、道徳である。著作権は児島宮考古学研究室



華夏人の埋葬には家臣の墓は石棺で、一時式も、朝倉地方では、教育委員会文化財課、調査報告されているが、解釈は、すべて間違っている。


ここでは華夏人の墓の形式の中国春秋時代の墳丘墓の造り方について、学ばなくてはなるまい?
それは二次式の葬祭があった事を、知らねば、二次式葬祭は、古墳時代は解けない?

古代では、現代のように、火葬はなく、一時埋葬が、行われていたのである。

一時埋葬には身体が骨になるまで、石で囲みその下に、石を引いていたのである。
現代の火葬と、同じになったのは、日本では後鳥羽院の火葬からであろう。
ここに分骨二次埋葬儀式が、行われていた。

育委員会文化財課は、古墳時代は四世紀後半としていのは、根本から間違いである
須恵器年代は間違いである。
須恵器は二次埋葬儀式に用いていた事を、知らねば、溶けなかった?須恵器年代の取り消し

華夏人の墓の形式の埋葬方法とは、高貴な人の場合のようであった。それが二次埋葬儀式で、墳丘墓を用意していた場所に、埋葬して納める儀式が、古代日本と同じ形式のようである事が、児島宮考古学研究室児島宮が発表、児島宮著作権とした。

越王勾践の時、越国の家臣が、亡くなった時、勾践が、おこなったのは、一時埋葬で、家臣の親族ならびに、集落の人々が、持ち寄ってきた、石を積み上げて、墳丘にしている。これが山隈窯上の華夏人の墓の形式の埋葬方法墓と同じであった。

考古学の解説は、それだけで、形式等、判らなかったのであろう。
時期さえも、理解できていないのは、古代史全般の、間違いになっている表れである。
華夏人の墓の形式は自然から、成り立っていて、一時崖船棺葬祭は今の火葬と同じである。
中国でもこれには解明できなかったようである。

発生源の1つが、呉・越と呼ばれる、中国東方の沿海地方にあったことは、稲作のDNA分析、弥生人と呉越地方人の骨格の比較分析、遺跡から出土する遺物の比較などからも明らか。

倭人周国は呉の太伯の末裔を自称」との記述がある。
日本の伝統衣装着物と帯が昔の影響が今に伝わっている証です。
中国浙江省のあたりの越の人々は、越人と呼ばれます。越人の祖は無予で日本の元祖で紀元前の原本となっている。
前195年 秦に滅ぼされた燕からの亡命武将、衛満(中国人)が箕氏楽浪を乗っ取る。 このころから辰国は三韓に分かれはじめる。 馬韓(後の百済)は楚の国で玉より姫の祖。秦韓(辰韓、後の新羅)は 始皇帝から逃れてきた楚民の国。


http://

 

筑紫朝倉園は、浙江省武夷の東越国、華夏人の墓である

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月10日(水)19時22分26秒
編集済
  華夏人の墓の特徴は、古墳式、朝鮮半島の紀元前という、新羅の初期・斯蘆国と倭人

(写真は慶州市 舎羅里古墳群)

1世紀。舎羅里130号木槨墓が作られる。 (鉄の延べ板40枚を敷いていた。)


https://www.google.co.jp/search?q=%E7%93%A0%E5%85%AC&biw=773&bih=487&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CDwQsARqFQoTCO3q-Z-mhMYCFcE0iAodjbEOHg&dpr=1#imgrc=XEf1eX9t5SYydM%253A%3BJPp5GgI04Fy-iM%3Bhttp%253A%252F%252Fpds.exblog.jp%252Fpds%252F1%252F201205%252F07%252F61%252Fc0222861_22132553.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Flunabura.exblog.jp%252F17931953%252F%3B400%3B300

1世紀後半。舎羅里130号木槨墓が作られる。 (鉄の延べ板40枚を敷いていた。)

(写真は 夜須今の筑前町の下高場小隈の窯付近から出土)した、古墳と同年代新羅の初期の木槨墓。

古墳時代ではなく、浙江省武夷の東越国、華夏人の墓である、凡そ三世紀迄の古墳は華夏人の墓。


筑前町文化財課は、近世墓として、認めない。墓の知識が足りない。前1世紀後半なのだが。

三角縁神獣鏡が、福建省の白馬山付近から出土し、大きく塗りかられるのも、筑前町の下高場小隈の窯付近から出土した、古墳とが、同時期なのに。



最初に黄河流域で仰韶文化 (主5000-3000年)、人間は抽象的な意味を持つ絵画陶芸をすることができるされています。 北東部、「洪文化」で (洪音訳ので中国語がわからない私は、以前として知られている)、中国の最も古い寺院の基礎だけでなく、粘土像の断片わかった。 これらの神々 は、実質リターンの 2 つを持つことができます。

周の時、天下太平にして、倭人来たりて暢草を献ず。(異虚篇18)
周の成王の時、越常、雉(きじ)を献じ、倭人暢を貢ぐ。(恢国篇58)
越裳は白雉を献じ、倭人は鬯草を献ず(儒増篇26)
鬯草は酒に浸して用いる香草とされます。王充は江南の人で、倭奴国の入貢(BC57)時には、洛陽の太学にいました。
ここで倭人とは呉の人のことである、日本はまだ八百年後のこと。

朝倉の柿原の古墳はこれと同じ手法になっていた。

天円様式の、古墳で、その中の副葬品は、百越の、軍隊の墓である事が、
文化財報告書の、古墳時代の須恵器のヘラ書きで、隋書に記しているように、筑紫圏は、やまいち国で、皆華夏で、あると書いている。



?

http://

 

筑紫朝倉円は、浙江省武夷の東越国、華夏人の墓である、古墳時代が築かれていた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 5月16日(土)18時24分24秒
編集済
  原理哲学、根拠なくして、何も語れず、?

虚構(フィクション)ないし理想現実
今の時代は、日本の原理哲学の歴史ではないのです?


私たちが描いていた弥生時代の次、古墳時代が、五世後半と、されていたのが、六百年の記録原理という、のが、かみ合わない事が、出てきたと、児島宮考古学研究室が、主要な、古墳の実態と須恵器の頸に、きざまれいる、浙江省河姆渡では、灰色硬質土器の頸にヘラ書きの符合としていて、
教育委員会文化財保護課では、須恵器は、五世紀後半に朝鮮半島から、大阪に移ってきたのに、始まったと、
なっているのが、原理記録さえも、一致しては、居ませんでした。
これが今の原理無き、時代のまま、では、日本の歴史さえ、すべて、消えてしまいます?
原理がなくなるとどんな事になるというのか?
今我々は現実しか受け入れてはおりません?すべてがそれと同じ?此れは重大な過失となるしかありません、これは哲学において、の事です。

原理と現実は違います?それは何か?

原理 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%90%86

今の日本は、まるっきり、でたらめです?特に、教育委員会と文化財保護課?

原理(げんり、羅: principium、仏: principe、英: principle、独: Prinzip)とは、哲学や数学において、学問的議論を展開する時に予め置かれるべき言明。 そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のものである。

現実 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%BE%E5%AE%9F
現実(げんじつ、英: Reality, Actuality)は、いま目の前に事実として現れているもののこと。対語は虚構(フィクション)ないし理想。あるいは現実とは、個々の主体によって体験される出来事を、外部から基本的に制約し規定するもの、もしくはそうした出来事の基底となる一次的な場のことである。現実と区別されるのは、嘘や真実を組み合わせてできたものである。今の時代は現実だけでしか見ていません?

このまま続けていても、すべてが無意味でしか、ないでしょう?

『 筑紫朝倉円は、浙江省武夷の東越国、華夏人の墓である、古墳時代が築かれていた 』

自分の祖先は何人なのか?ほとんどの人が、三代前で、いったい自分の先祖は、日本人なのか、判らないから、としているから、恥じを知らない日本人たちに、なっている、これにより、尊さに対する、礼儀は、取らないで、人が嫌う事を、平気で、してしまう?これは韓国人や朝鮮人に見られる、嘘を平気で吐く、事になれて、しまっている。
これが恥であるなのだが? 他人のモノと自分のモノの見分けができない事をすると、恥しらずなと、言われる、?

ものどとは、はじまりがあって、これが基準となるが、間違いがあると、基準ではなくなる場合もある。
間違いのままに、放置していて、しまうと,恥の、うわぬりに、なる。
こんな話を、耳にした事はありませんか? いいはるとか、しているように?

歴史が無いのに、日本人は朝鮮半島から五世紀後半に、移って、日本がはじまったと、小学から大学生迄、専門家から教え組まれて、いるのが、現実と、思っている人しか、いないでしょう。
この現実があるのに、日本人は、
朝鮮半島がはじまりでは無いと、し、古代華夏(浙江省)から、移ってきたと、証拠を挙げているのは?児島宮考古学研究室於いて他には、ないのですが、それは、児島宮考古学研究室を、見下して、いるのが?礼儀に欠ける、のでは、ないだろうか。

有ろうことか根拠?が欠けて、いては、何事も、成り立たないのでは、ないだろうか?
早稲田大学や日本大学、九州大学、教育委員会文化財保護課では、日本人と須恵器は、日本人は朝鮮半島から五世紀後半に、移って、日本が、はじまったと、言い張っていますので、どう、しょうも、出来ません。
ひいては、みなから、見下されているのは、許しがたいのですが。反対に宮内庁や皇室から、国民に呼びかけて、みなから、見下されているのは、許しがたいのです。
これが越王勾践の会稽の恥じ時に、同じとは、日本国の恥に、たえる。


恥とは、礼儀に、欠けることなり。

今の日本は礼儀は、なくなっている事に、気づいていませんか?
子は親をしたう?
家族は先祖をしたう?
先祖は日本の歴史をしたう?
日本は古代華夏(浙江省)を慕ってはいない。

古墳と須恵器と朝鮮半島五世紀後半とは、
現在の朝鮮民族との繋がりは明らかでない。

衛氏朝鮮は三代衞右渠の時、漢の武帝に滅ぼされ、領地は楽浪郡・真番郡・臨屯郡・玄菟郡の漢四郡として400年間直轄支配(南部や東部は間接支配[3] )された。
同じ頃、浙江省東越国の丑王は、漢の武帝に滅ぼされ
日本の古墳時代初期紀元前百年前とは、華夏人の墓となっていて、紀元前百年前から、哲学原理で計測すれば、
このように、なっている。
夜須に甑が、出土するのは、稲作が夜須で行われていたという事を原理している、になっている。
筑紫朝倉円は、浙江省武夷の東越国、華夏人の墓である、古墳時代が築かれて
、いたのである。
この古墳の中からの、須恵器年代から、紀元500年後半に、朝鮮半島から、朝鮮人が来てから、古墳の中に須恵器が納められたとしたのは、いい加減な間違いだった?

それは、インド式の祖先崇拝仏陀信仰、でしかなく、
須恵器は天円地方の事でしか使わない、浙江省武夷の東越国、華夏人の天円地方儀式しか、須恵器は使っては、いなかった。

聖徳太子は、すでに、曽我入鹿、朝鮮半島と、つながっていて、この時期、憲法で知られる。仏陀信仰も、朝鮮半島のインド式の祖先崇拝の仏陀である。

この事、原理哲学記録は、、漢の武帝に滅ぼされ
日本の古墳時代は華夏人の墓となって、紀元前百年前というのは?
同じ時期漢の武帝に滅ぼされた、領地は楽浪郡・真番郡・臨屯郡・玄菟郡の漢四郡として400年間直轄支配(南部や東部は間接支配[3] )されたが、移転や廃止により最後は楽浪郡のみが残った。で原理記録と一致しているのが、古墳の事であって、学説古墳時代?は間違っている、

これにより原理での、
紀元前百年前新羅や百済は、信仰は中華式宇宙信仰、灰色硬質土器、時期に、なっていたのです。漢の武帝時期の古墳?はじまり時期原理の事である。

神宮皇后(247年)三韓征伐のあと、亡くなった、後応神天皇以降、倭の五王により、出先機関が造られて居た事は記録されている。
記録は原理であり、哲学者しか、立証は、出来ない、のだろう。

新羅や百済から倭が撤退するまで、倭、華夏式古墳?墓に葬られていたのである。
夜須の華夏式古墳、ウガヤ墓からの、王冠と慶州の墳墓の中の王冠は、後の、新羅園と見られる。それは古墳時代初期紀元前百年前、ウガヤの長男は、たまより母の里の新羅王と原理記録されている。

4世紀中頃に、満州の鴨緑江付近で興った高句麗が南下して楽浪郡北部を征服、百済も楽浪郡や帯方郡の多くの部分を征服するが、4世紀末までに百済は高句麗により朝鮮半島半島北部から駆逐され、朝鮮半島北部は高句麗によって征服された。南部は倭と関係の深い百済と新羅が在り共に倭に従属していたが、新羅は7世紀中葉に入って日本が白村江の戦により大陸での影響力を完全に喪失する以前も、度々朝貢を怠るなど叛服常無かった[4]。高句麗は4世紀の広開土王の代に、仏教を篤信するとともに、南に領土を拡大し最盛期を迎える。その領土は満州南部から朝鮮半島北部にわたった。なお、高句麗を中国の地方政権とするか、朝鮮の歴史に含めるかについては議論がある(高句麗#歴史論争:高句麗の歴史帰属をめぐる問題)。百済は371年、漢山城(今のソウル松坡区)を都としていたが、高句麗の攻撃により落城し、扶余に遷都した。また、高句麗とその属国である新羅に対抗するため、大和朝廷に従属し、儒教や仏教を大和朝廷へ伝えた。南端部には倭国の影響下にあって[5](旧説では「支配下」にあったとする[6])諸小国の雑居する任那加羅があった。倭国が大陸での支配力を失うと伽耶は特定の国(金官伽耶・高霊伽耶など)が主導する形になったが、倭国への朝貢は途絶えることなく行われていた[7][8]後に諸国は西側が百済に併合され東部も新羅により滅ぼされた。高句麗や百済の支配層は扶余系とみられ、韓系である新羅人とは別系統の言語を話した。

新羅自身も『三国史記』によると4代目の王が倭国北東[9]から渡来した王であったり、『三国志東夷伝』によると馬韓(百済の前身)より辰韓(新羅の前身)へ代々王を遣わしていた記述がある

三韓
さんかん古代朝鮮半島南部に拠った朝鮮民族の呼称。朝鮮民族について最も古くかつ詳細に伝えた『三国志』魏志東夷伝によれば,3世紀後半頃朝鮮半島南部は,馬韓五十余国,辰韓,弁辰 (弁韓) がそれぞれ 12国から成り,三韓を統一する強大な国王はなく,部族乱立の状態であったとされている。
倭国が歴史に記載されない空白の4世紀といわれる時代、中国は五胡十六国時代であった。

五胡十六国(ごこじゅうろっこく)とは、当時、中国華北に分立興亡した民族・国家の総称である。また朝鮮半島は強大な高句麗と馬韓(→
百済)、辰韓(→新羅)、弁韓(→伽耶(かや)の時代である。
古事記・日本書紀にはこの時代、神功皇后の業績が華々しく記述されている。
2~3世紀の墳墓群が中心の良洞里遺跡から出土した倭系の遺物は小型仿製鏡や中広形銅矛など、弥生後期の北部九州で製作されたとみられるものが少なくない。ところが同じ金海の大成洞遺跡や釜山東
の東萊(とうね)の福泉洞遺跡の4世紀代の
墳墓群からは倭系の遺物として、巴形銅器や碧玉製石製品、筒型銅器など、いずれも畿内のヤマトを中心に分布しているものが出土した。

児島宮は歴史の原理、哲学であり、日本のはじまりの、基礎に等しい。
日本の歴史は 児島宮の歴史であり、明治以降~今の天皇は、日本の歴史では、ありません。
明治以降動乱の後の歴史年代は今の教育委員会文化財の年代でしかなく、原理とは、大きく欠け離れている。
原理は始まりであり、原理でないのは、想像でしかない。


これが須恵器の符合
小象伝
小象:象伝の爻の説明部分. 文言伝:乾坤の卦のみ ...
恐るべき周易: 中国が生んだ驚異の占い

彖辞は各卦の解説であるから,彖伝はその解説のま た解説ということになる


 

http://

 

河姆渡遺跡と日本人の、つながりは、無いと、考古学会は、している

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 4月15日(水)09時05分45秒
  福岡県内
若宮遺跡からも、出土していた灰色皇室土器「須恵器」にも、文化財課が見落としていたのが、
象形文字、の児島宮考古学研究室では、数字であると、発表した。
だが遺跡の年代は、考古学会の、五世紀後半と推定していて、ここに時代、の錯誤が、はなはだしく、見落としていたと、児島宮考古学研究室が公表した。

インターネットだからこそ、真実の古代が、発表されたのは、日本の歴史が、全面改訂しなければ、日本の真実の歴史は、無き者に等しいとなるだろう。

ここに考古学会が、「須恵器」の再考察を、やらなければ、日本の歴史とは、ならなくなる日が、、近い日に、くるだろう。

日本の原点が、あまりにも、年代錯誤がありすぎる。
考古学会の九州歴史資料館の学芸員は、私に、時代が間違っていれば、認めれば、考古学会の信用は、まるつぶれとなり、と、真実は、認めれば、考古学会の信用は、まるつぶれとなり、と、語った。
たが、このままだと、日本の原点は、無いという事になり、このほうが、学術さえも、信用が、なくなるのだが。ネット上でも中国や河姆渡遺跡が、日本の原点と、研究者?は、立証がない、事を、しているに等しい。ここに、河姆渡遺跡と日本人の、つながりは、無いと、考古学会は、している。

ここで、児島宮考古学研究室発表の稲作と、日本の稲作のつながりは、他には、日本には、いないと、なっている。以降は児島宮考古学研究室発表の、河姆渡遺跡と、なった。
そういえば、早稲田大学も、河姆渡遺跡と日本の関係は、ないと断言しているに、なった。
児島宮考古学研究室が梓書院から、発行の、 「豊葦原国から邪馬台国夜須へ」中に、発表後に、河姆渡遺跡について、掲載したのは、立証ない、と、考古学会は、釘をさした。

これからの、日本と河姆渡遺跡の関連に、語ると、著作権の違反になると、児島宮考古学研究室。

考古学会による河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、ないと、考古学会の九州歴史資料館の学芸員は断言した。以降の河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室の認可が必要となった。
マスコミも、今後は、河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室の認可が必要となった。

それは、河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室だけと、なった、考古学会及びマスコミも、今後は認可が必要となった。
 

『日本神の法糺』質的な意味は完全に一致している

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 3月17日(火)18時35分59秒
編集済
  日本神の法糺は
時代は隔たっているが同じような現象が繰り返される」という
神が怒り、裁き、罰と懲らしめを行った。

「神、天使に背いた罰、懲らしめである」
という本質的な意味は完全に一致している。

その意味もこれから起きる未来も解っていない。

『古事記』もきっと太古の話を、稗田阿礼の記憶 かみあう【噛み合う】の意味

組み合わせている。

メソポタミア文明より 以前から ビールはあった
メソポタミア文明時代の 粘土板 から ビール造りが発見されています
その物的証拠から 起源はメソポタミア文明であろうというのが 定説のようです. その遺跡から発掘された 。

「目には目を」

、「目には目を、歯には歯を」は、同罪復讐規定であって、犯した罪の罰則は犯した罪と同等までであるべきという意味である。言い換えれば、犯した罪よりも重い罰を与えてはならないという上限規定である。

「上流階級の人の目を損なった者はその目を損なう」、「平民の目を損なった者は銀1マナ(銀1マナは当時の労働者の5年分相当という説がある)」、そして、「奴隷の目を損なった者は、その奴隷の価格の半分を支払う」という条文である。

占星術は、ガイダンスを提供することができるだけでなく、天体の位置を役割を果たした。 それが病気の前兆やけがの直接的な原因を見ることができなかったとしてしかし、これは主に、内部疾患によるものであった。


私たちの生存のために、負傷した病気治すための知識は非常にviktig.Iメソポタミア、川チグリスとユーフラテスの間の土地は、今日はイラクであるものの中には、病人が罪を犯した可能性がある場合の疾患が悪魔や神々からの罰によって引き起こされたと考えられていたされていました。  病人を癒すために、あなたは神を特定しなければならなかったし、何らかの方法で、神と連絡を取って、おそらく病気が治癒することができるように、神をなだめるか、呪文や被害者をキャストして精神を追い払う。  しかし、6000種類以上の神々や病気の原因となったかもしれない悪霊があった。  診断を通して生活していた神々の意志を知るための最も一般的な方法。 それは肝臓がどのように見えるか、健康を確認するslakats動物と肝臓を比較すると、身体の主要臓器であると感じたので、彼らは、肝臓を制御した。
彼らは穿孔として知られている頭蓋骨に穴を、ドリルによって解放することができたので、またあれば患者は悪霊に襲われた。 それは彼らが、いくつかの穴が頭蓋骨を発見した非常に危険が、鋭い脚が新しい骨材に含まれると丸くなるエッジので、古代の頭蓋骨は、多くが生き残ったことを示していることが判明している、といくつかさえも行われ、「手術」を数回に聞こえるかもしれない治癒過程のさまざまな段階である。
最も頻繁に使用される疾患の治療では宗教的な儀式、漢方薬、魔法と物理的および精神的な治療の組み合わせですが、占星術は、ガイダンスを提供することができるだけでなく、天体の位置を役割を果たした。 それが病気の前兆やけがの直接的な原因を見ることができなかったとしてしかし、これは主に、内部疾患によるものであった。

メソポタミアでは、医師、ashipuおよびASU 2つの異なる種類がありました。
その主なタスクは病気の原因となった神や霊を判断し、また、病気の原因を精神を追い出すために魅力や呪文によって硬化しようとすることでした司祭 - Ashipuは主に魔術師だった。

桓武天皇は、仏教をあくまでも権力を支えるものに徹底するために遷都し、仏教側でも生き残りをかけて紆余曲折を経て仏教を皇位継承を補佐し、皇太子誕生にまで関わらせるものとしてゆくのである。

・メソポタミア地方
 この地方は錬金術初期の、技術としての錬金術の重要な基礎となっている。メソポタミア地方も当時はエジプトに負けず技術が発展しており、世界最古の電池(バグダット電池)が発見された。

紀元前9000年頃、東のイラン高原あるいはインドからメソポタミアの地にシュメール人が移住し、麦作農耕を開始。

 

日本の神を知らない日本人たち

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 2月12日(木)15時54分23秒
編集済
  日本の神を知らない日本人は、神のことを、神社に、まつられている、と、して、お参りさえ、すれば、御利益が、受けられると、勘違いしている。
神官に聞いても、天皇のような存在、としている、これは、神主でも、日本の神々の事を、判っていないようである。
神社庁も知らない、神々は成り立ちは、出雲の国に、ある神話や熊野伊勢神宮に、伝わっている、伝説から、始まっているとしか、答ないだろう。
ここには神々の姿は、何処にも、見えては、いないから、はっきりとは、わかっていない、だろう?

今の我らには、日本の神々の事を、判っているのは、いない、ようだ。
神神といえば、お祭りと答える、これが神々の姿と?しているのは、間違いである。
お祭りと神々が、生活と密着しているのが、日本の神々とするのは、本当の祭では、ありません。

では庶民が、昔から、神々が、生き方と密着していたと、思っていますね?それは、間違いで、古来より宮廷の中にしか、神々は、お祭りされて、は、いませんでした。なせでしょうか?
今の日本の、おまつりと同じでは、なかったのです。
宮廷は上すなわち天下といい、上に居ることを天下と、いっていたようです。
ここに出たように宮廷の中に、天皇が、神を通じて、まつり事を、、行っていたのです。

では庶民は神々のまつりことは、無関係ということでは、ありません。
上天に、ある太陽、を、円の姿として、宮廷を表して、いたようです。
庶民の神とは、どのようにして、いたというのか?それは楕円形の形として、これが、山に見立てて、神が現れる場所にしていたようです。

山上、ここに出た太陽は庶民は神の場所と、していたのです。

今の日本の神の事をわからないとしたのも、二つの、まつりが、あるということが、判っていませんでした。

今の日本はどのように、まつりことをしているか?なのです?
庶民が、神官になって、いませんか?其処に神が、あると、していませんか?これが上下、さかさまの、日本です。




http://

 

日本人は神を軽くあしらうように、なってしまったので、神とは?何かわからなくなっている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 1月 6日(火)16時56分5秒
編集済
  日本人は神を、今どう思っているのか、あまりにも、多すぎな神の、神社の神とは、どんな神なのだろうか?
日本人は神を軽くあしらうように、なってしまったので、神とは?何かわからなくなっているようである。

日本人は神が自分に付いていると、軽んじている。
全国の神は、別箇にとらえているに過ぎない。


日本人は知らない間に神々から、離れている。だから平気で、ウソを吐くようになった。
全国の神社の神主すら神に断りなく、真似しているのは、明治以降の天皇と同じ、ウソつきでしかない。
そんなに簡単に、神々と、むすぱれては、いない。そう現代人は神々とは、むすばれては、いない。
ひとりでに、神々は、結ばれないのが解っていない。
全国の神社は、故意に、神社を作っているに過ぎないのに、おまいりにいった、だけで、神々に通じる事はない。あまりにも極端な、神社運営であった。

神社といえば、おまつり、や、おみくじ、というもので、神はいつも、商いとしか、庶民の間では、扱われてはおりません。
今のように、それが平気でウソを吐くように、なっていった。
何の為とは違うようである。

いい加減な神社のように、日本人で無いものが、日本人としても、いいように、平気でウソが蔓延しては、すべてに、無意味さが、出ている。天皇じや無いのが、天皇としているように、庶民も、どうでもいい原始、となっているようでは、縄文となんら違いはない。

日本の神社は、おまつり、で知られるが、これも、無かった、おまつりで、あって、宮廷には関係がなかったという、桃山あたりから、庶民や武家により、神々とは別に、始まったようである。
これが出雲の阿国おどりの、ように、神々を知る人によって、開化し、庶民との交わりが、神との、つきあいに、なっていた、のであろう。



 

全国の神社は、どうして、作られていたのかという事?をたやさず宝用せよ

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年12月10日(水)08時40分42秒
編集済
  夏礼とは、継承とは、?

「禹は萬年、子々孫々禹の祭祀をたやさず宝用せよ」とある。鶴は千年亀は万年
今の日本人は、守ってもいない?どういうことか。
全国の神社は、どうして、作られて、いたのか、という事?

ここに、禹の祭祀とは、夏礼の、継承する事にある。

日本人は、変わったと思う民は、何が、変わったか、見えては、いないようである。
何が日本人がかわったというのか?だろう。

全国津々浦々に造られているのは、何のためにで、あるか? 何が始まりかである。
はたして、神社というのは、何をするために、造られたのか、正しいのは、残るが、正しくないものは、消えていく、ん?、では、ないようである。必ずしも、その通りでは無い。
と、、これは解釈の違いがある。

これと似ているのが、今の全国津々浦々に造られているのは神社と同じように見えるが、
必ずしもそうではない。
何所が違うか?
それは、
「禹は萬年、子々孫々禹の祭祀をたやさず宝用せよ」とある神の祭祀の事。
今から二千二百年前、でははあるが、
秦の始皇帝が祭祀を行うにあたって、
泰山に祀った、斎所はあるが、
祭祀は、決まりがあり禹、の、あとつぎ天子、後胤がすると、知っていた始皇帝であった。
祭祀は禹のあとつぎしか、できないと記録がある。


永遠の薬とは此れの事なり。徐福の言葉は之也。
「禹は萬年、子々孫々禹の祭祀をたやさず宝用せよ」とある神の祭祀の事。
全国の神社は、どうして、造られていたのかということ?

神主が祭祀を普通行えるとは、始皇帝も、しては、ならないとしたのは。

今の日本の全国津々浦々に造られている神社のありかたは、禹の意に背いているとなる。
これが今の日本のすべての結果となっている。、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

何が間違ったのか?ほとんで考え付かない?
考えつかないのは見えていないと、いう事。
禹は仰せになられた、
事実は正しき事、故、見えるが、史実に反すると、見えない。
ここに
禹は仰せになられた、相関関係にあると。

この『事実とは、相関関係』にあると、されたのは、見えるという事也。

今年も年末になり、新年がやってくる、そうとは思わない人間は、その日をどうしているのか、新年に、違う事をしている、のである。海外旅行とか。
ここに見える日本の、新年の在り方とは、
禹は仰せになられた、相関関係を、「禹は萬年、子々孫々禹の祭祀を、たやさず宝用せよ」である。
「不老長寿の国子々孫々禹の祭祀」

だから児島宮では、禹の祭祀を、続けているが、全国の神社は、児島宮には来ていない。
すべて実行するには、御用を受けてから、行うものである。
相撲も幕末まで、児島宮から、したして、国旗がはじまったのは、相撲御用を承って、開催していたという。
今では相撲協会が仕切っているのは、禹の祭祀に背いているとなる。
今の日本のすへては、?日の丸を日本の、菊の変わりと、したのは、児島宮からで、孝明天皇に、さずけられてから、
はじまっている。

国旗伝承も史実、事実は明治に、消して、変えたから、日の丸の意味が、見えなく、なった。


日本のすべての、事実が消えていますね、
家庭が、変わり核家族になり、何故変わったのか、禹の教えを、明治以降は守らなくなったからである、により、少子化高齢社会になった。そこにはこの『事実とは、相関関係』にあると、されたのは、見えるという事也。

今の選挙は、相関関係を、壊す事をしてい事。

人間に横暴な憲法は日本からなくせ。

それでも、禹は仰せになられた、相関関係を、「禹は萬年、子々孫々禹の祭祀を、たやさず宝用せよ」を、しないというのか?

 

初めて日の丸が、使用されたのは、十六葉菊紋章の、代わりと、なっていた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年11月25日(火)19時35分59秒
編集済
  日本の国旗は児島宮の甚九郎義平によって、黒田福岡藩主が祖父だったので、日の丸は日本のトーテムとして、長溥公から孝明天皇の元へ届けられ、国旗となっています。
児島宮(後鳥羽上皇男子頼任親王)の子孫で、宮家として、熱田神宮の神官藤原、千秋家と、女子系が縁戚だったので、愛知豊田や岡山備後に根ざし、子孫は、児島高徳の、西広瀬城を拠点として、天皇と深く密着して、いて、子孫の最晩年に、日本の証として、日の丸が始まっています。
今の十六葉菊紋章は、児島宮の家紋として、続いております。又神社にみかける、十六葉菊紋章は、無関係は、使用を禁止されていたそうです。
初めて日の丸が、使用されたのは、十六葉菊紋章の、代わりと、なっていたのです。

藤原 季範(ふじわら の すえのり、寛治4年(1090年) - 久寿2年12月2日(1155年12月27日))は、平安時代末期の公家・神官。藤原南家、藤原季兼の子。位階は従四位下。額田冠者を名乗る。

季範の母の実家である尾張氏は、代々熱田神宮の大宮司職を務めていたが、員職の代に至り、霊夢の託宣と称して永久2年(1114年)外孫の季範に同職を譲る[1]。これ以降、熱田大宮司は季範の子孫の藤原氏による世襲となり、尾張氏はその副官である権宮司に退いている。

保延3年(1137年)8月、夢想により五男・範雅に大宮司職を譲る[2]が、季範が死去した久寿2年(1155年)に季範の長男・範忠が大宮司職に就任する[2]。

季範自身は主に都で生活することが多く[3]、従四位下の位階も受けている。従姉妹に鳥羽院の乳母藤原悦子(藤原顕隆室)がおり、またその甥が信西(諸説あり)であるなど、中央政界との繋がりも多かった。

また子女を経由した人脈も幅広く、待賢門院や上西門院に女房として仕えた娘がいた他、三女の由良御前は源義朝と結婚し、頼朝・希義・坊門姫(一条能保室)らを生んだことで有名である。さらに、養女となった孫娘(実父は範忠)は足利義康と結婚して義兼を生み、後世の足利将軍家にも季範の血統を伝えている[4]。また由良御前が産んだ孫の坊門姫の血筋は鎌倉幕府将軍の藤原頼経・頼嗣の他、後嵯峨・亀山両天皇にも伝わっている。『熱田大宮司千秋家譜』

千秋家の墓 名古屋市天白区野並 千秋家の墓平安末期、熱田大宮司・尾張員職の娘と、尾張国の目代・藤原季兼との間に生まれ、熱田大宮司を継いだ藤原季範は、号を千秋と称した。以後、千秋家を名乗る。

http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=714


715.千秋家と佐久間家の深い関係は何を表わしているのか?
名前:児島宮歴研監修    日付:2012/8/5(日) 9:15
熱田大宮司・尾張藤原員職の娘と
、尾張国の目代・藤原季兼との間に生まれ、熱田大宮司を継いだ藤原季範は、号を千秋
と称した。以後、千秋家を名乗る。
三女:由良御前(源義朝室) - 頼朝の母である。
熱田大宮司季兼(すえかね)の長男。娘は源頼朝の母。

藤原季範卒す、六十六歳(尊卑分脈、熱田 大宮司千秋家譜)。保元元年(一一五六ご保元の乱,大宮司某(藤原範忠力) ,家子.郎等を与力として源義朝に派兵す。

宮家外戚外祖父三宅、児島範長とは?
頼宴大僧正の三男高徳は外祖父三宅範長の嗣となりました。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】
高光─正綱─正光─本草【児島】

祖児島高徳で、宮家代々の「高東院」は皇統
から高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命のこと也。 京都府
京都市北区紫野大徳寺不干斎ハビアンはここ「高東院」隠遁、住んでいた。

熱田千秋持季とは?

⇒ 満範 持季 勝季 政範 高季 晴範 (刑部少輔。駿河守。従五位上。左将監。

又、⇒ 満範 持季季国 季通 季平 季光(大宮司。紀伊守。

熱田神宮の宮司である千秋氏は平安時代末に熱田大宮司の職に就いた藤原季範の末裔である。その後、新興の勢力である織田弾正家と結び付いていった。 1574年、嫡男千秋季信は15歳の時、初めて信長に拝謁した。桶狭間の戦いで信長の目前で討死した千秋季忠の子。

いろいろ調べて見たら、
千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていたことが、
ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出てきた。

児島宮家でも、
児島高徳胤助安と熱田神宮大宮司千秋持李家との関係が知られる。
「左近衛中将藤原助安」
文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」

愛知県名古屋市昭和区御器所4-12-5
(近衛中将助安)
[左近衛中将藤原助安] 通称・民部丞、右馬允。

近衛中将とは、律令官制における職の名前です。
近衛府(このえふ)は令外官のひとつ。765年に授刀衛を改めて設置された。
花押は、熱田の大宮司・千秋持季のものだと言われます。千秋家と佐久間家の深い関係は何を表わしているのか?
吹挙状の文安三年(1446)は八幡宮改築の五年後にあたります。 最初に見える花押は、熱田の大宮司・千秋持季のものだと言われます。千秋家と佐久間家の深い関係は何度もこのブログに登場します。 御器所の豪族として栄えていた。
「佐久間孫五郎助安、民部丞を申す事相違有るべから ず、宜しく口宣奏請の状、件の如し 文安三年八月三日」

最初に見える花押は、熱田の大宮司・千秋持季のものだと言われます。

佐久間孫五郎助安は児島宮家である。
今も名古屋市昭和区御器所にある佐久間氏の氏神であった御器所八幡宮(当時は御器所八所大明神)に二枚の古い棟札が残っています。その内の一枚は、嘉吉元年(1441)奉造立檀那佐久間美作守の銘があります。もう一枚は、永禄七年(1564)奉修理佐久間美作守家勝同右衛門尉信盛の銘があります。この信盛こそが織田家宿老で、後に織田家を追われる佐久間信盛なのです。

今、これらの棟札は名古屋市重要文化財に指定され、熱田神宮宝物館に保管されています。
http://ameblo.jp/9zaemonn/entry-10968520434.html


 

夏礼

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年11月18日(火)19時29分49秒
編集済
  夏的礼制,无?从内容和形式上都以神?核心。夏奴隶主?天神极?敬畏,?常?行隆重的祭祀,无?是国家大事和个人生活小事,都要通?巫?占卜,向天神“?示”。一切都借天的名?行事。王位是天授予的,称?“天命”;?事征伐称?“天?”;??犯罪称?“天?”。夏是典型的神?法?代。

「天の命令"; 軍事征服は、"してください";"ネメシス"と呼ばれる犯罪の処罰と呼ばれると呼ばれる王位に授与されます。夏は、神政主義の法時代の典型的なです。

中国では古来から音楽は夏王朝時代によって作られたとも言われる。
礼とは人間の仕上げの様なもの。
孔子も夏礼を学ぶために杞を訪問した。

杞(き)は、古代中国の殷代から戦国時代にかけて存在した国。国姓は姒であり、禹の末裔と称した。

贅沢をするよりは慎ましやかに生活しなさい。

祭 礼とは?

原初の祭は一つの夏礼信仰、「夏礼に因る」に基づいていた。
殷は夏の礼に因る。
礼記(らいき 繁体字: 禮記; 簡体字: 礼?; ピン音
二つ存在する。
相対である。
人間的かケダモノ的か?
夏礼とは夏礼に見習う事である。継承にせよ

子曰く、殷は夏の礼に因る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼による。「子孫何。十世可知也。子曰,殷因於夏礼。

今、日本人は何に基ずいているか?

今、日本人は何に基ずいているか?
それはすべて憲法に肖っている(あやかって)

夏礼は、消されているので、すべて何なのか見えない。
児島宮が見えているのは、夏礼によるところである。

夏王朝と児島宮と越王国と古代中国。夏の礼に因る。

「夏礼に因る」に基づいていた。

武夷城村宮は、「夏礼に因る」に基づいていた。


子曰: ‘ 夏 礼, 吾能言之, 杞 不足?也。

一年的第二季:~季。~天。~令。~播。

礼とは礼に始まり礼におわる事、一年は十二か月となっているのは? 四季の春夏秋冬
になっている。 これが基本。 人間関係を円滑にすすめ社会秩序(儒家にとっては身分制
階級秩序)を維持するための道徳的な規範をも意味 。


 

日本人とは何?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年10月 9日(木)07時13分33秒
編集済
  太陽のように、導かれて輝くのが日本の由来であるが、現代では曇った闇となっている。
太陽にみちびかれて、は、いない。
合い対し、していないという。
自分勝手なというところか?

「夜須の夏礼とは」太陽のように、導かれて夏礼に、おもんじる(見習う)、というところである。
だが、現代ては、まったく無関係状態の野ばらし状態になった。

人間が太陽を曇らせているよう。
私は人間が地震を引き起こすと、したのも、ここにある。
相対していれば、地震は起こらない、ここに人間が神々に逆らっているのが、よくわかる。
今の国会にはそれが、蔓延している。
日本人を苦しめているのである、人間それに気がつかない。
気が付かないのは反応していないという事になる。

憲法は人間が、作ったもので神々が、諭したものでは、ない。それが憲法である。
これを見習うのは?どうなるか?自分勝手にしてしまう事になっている。これが現代社会になっている。しかし誰も考えないので、今の人間の在り方が、ここに゛出ている。
何もかもが原始、まんだら、という、無意味な時代にあるという表示となっている。


これが現代の人間の無関心であり、見習うものが、全然ないという事。
神々は、そう、さとして、いられる。
大型台風最大風速八十メートルが九州に直撃すると気象庁は予測しているが、これは暗示魔法で、人々を混乱させる手で、流している者の正体が露見している、というが、
皆はそれを信じているのは?無関心な時代の中にある事を意味する。と礼

曼荼羅(原始)とは、どうでもいいという事の意味、無意味という意味。

今の世の中のように無意味になると、今までのしてきたことが無意味になるという事。
ここで税金と憲法は私達に還元されていかというと、還元していない事になっている。
憲法や税金納付は?義務者には、まったく無意味という事になっている事が人間に通じていない。
これはどういう意味かといえば、まったくなんの意味曼荼羅(原始)も、もたないのである。

すでに人間が崩壊している?無縁仏となり墓石が、ゴミ捨て場に、置かれているのは?墓石の意味と信仰の意味がなくなったという事のあかしです。自分には関係ないというが?少子化高齢者も、それは同じという意味。
気が付いていないのは、人間から離れてしまったという意味になる。




 

九疇(きゅうちゅう)昔ものがたり

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年 9月 2日(火)18時35分33秒
  宮中とは天皇の住まいの事ではありません、きゅうちゅうを、知ろう。

きゅうちゅう、を、模範として、示された応神天皇から、昔ものがたりとして、古事記の中に、自分からお示しになられた、宮中夏礼の仕方。

冥々の中に生民の住むべきところを定め、その居となる大地を治めてととのえて下さる。) 我れは ... 天帝はこれに震怒して、洪範九疇を与えることはありませんでした。 これが彝倫 ... 洪範九疇(こうはんきゅうちゅう): 天下を治むるの大法のことで其の類は九つ。

単に九疇(きゅうちゅう)あるいは九章(きゅうしょう)、九法(きゅうほう)などともいわれる。

三年の間租税をとるな、そしていっさい、働きに使うことを許してやれと仰せになった、これがきゅうちゅうである。きゅうちゅうは、見本をみんなに、示してみる事である。

「古事記」三年の間そぜいは、しもじもから、いっさい租税をとるな。またすべての働きに使うのを許してやれ」とおおせになりました。


今の日本には、きゅうちゅうは、なく、天皇宮内庁に、入れ替わっている。威厳なんて一つもありません、税金を、あらあらしく使い、秋の殊勲とかもようして、異言語としている。これは、きゅうちゅうは鬼のすみか、となっている。
警察は、憲法を守らず、見本で国民に、三年手本を見せつけて、それから区民に、憲法を守れとするのが、きゅうちゅうなのだが。然るに警察は暴力団よりひどい事を見せつけている。
警察司法憲法は鬼のすみかとなっている。
国会も鬼のすみか、となっている。

鬼ばかりでは、国民は動かせない。

国会議員が憲法をつくり、変えたりして、自分たちが三年間無給で生活して見せられる事がなしで、憲法は作るな、撤廃して、生活してみせろ。これが、きゅうちゅう、である。
みやとは模範のこと。

昔話・民話、方言などは、まさに日本の伝統であり「心」である
昔話・民話、方言などは、日本の風習文明である

これらを後世に語り継いでいくのは大切なことと考えております。

人の役に立つ人から税金とるな皆の夢をうばうな

課税とは、利益に対して法人税を取った上で、 その残りについても吐き出すまで何回でも税金を取るというやり方です。
 

洪範九疇、楽市楽座

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2014年 8月14日(木)08時18分44秒
編集済
  八卦を作り、禹の治水の時に現れた洛書が洪範九疇であったとした。さらに『尚書』の偽孔伝では夏の禹の時、洛水から神亀が文字を背負って現れたが、そこに九に至る数字があり、禹がそれにもとづいて作ったのが九疇であったとされた。

こう はん [0] 【洪範】
〔書経 周書〕
① 天下を治める大法。
伝説では,禹(う)が尭舜以来の思想を整理・集成したもので,殷(いん)の箕子(きし)を経て周の武王に伝えられたという。天の常道と治世の要道を九つの範疇(はんちゆう)によって示す。

帝の字の原義は上帝であつたと思ふ。尚書洪範に帝が禹に洪範九疇を錫へたとある帝の字は古來天帝と解してゐる。楽市楽座

尚書洪範有九疇,所謂洪範九疇者,指夏禹治洪水,天所賜予之大法九類。九疇,漢書亦稱為九章,以其?事自相為類者九,九者各有一章故也。

洪範の用語解説 - 〔書経 周書〕 ① 天下を治める大法。 楽市(洪範)楽座(九疇)経済の基本
http://6102.teacup.com/sankaku/bbs
一度だって感謝の気持ちを、もって、携えて、児島宮に(洪範)の礼のおまいりに、来た事があるか?

今まで礼を、なしくずし、信長風になっていた?信長が楽市楽座を、おこなったしたと、いうとりかえ、が起きている。
現実は佐久間父子を追放し、佐久間の七国を召し上げた信長は、気にいらねば、浅井や明智持ち国も召し上げた残酷な殺人者であった。今の国会議員とおなじ、信長きどり。
都道府県市町村役所も今の国会議員とおなじ、信長きどり。これは摘発しかよくはならない、だろう。

信長ウイルス国会議員ウイルスに怯えるよりも、排除するしかない。或いは閉じ込めるか、隔離するか?
ここで天下とは?原則也

秀吉は
信長ウイルスと同じ。ずるい人。天下人ではなかった。

孔子 - 古今名言集~座右の銘にすべき言葉
書経-周書[洪範][1]
惟(こ)れ十有三祀、王、箕子(きし)に訪(と)ふ。
王乃ち言ひて曰く、
嗚呼、箕子、惟れ天陰に下民を隲(さだ)め、厥(そ)の居を相協す。
我れ其の彝倫(いりん)の敍(じょ)する攸(ところ)を知らず、と。
箕子乃ち言ひて曰く、
我れ聞く在昔(さいせき)鯀(こん)の洪水を塞(ふせ)ぐ、其の五行(ごぎょう)の陳(つら)ぬるを汨(みだ)る。
帝乃ち震怒して、洪範九疇(こうはんきゅうちゅう)を與(あた)えず。
彝倫の敗れたる攸なり。
鯀則ち殛(きょく)して死し、禹乃ち嗣(つ)ぎて興(おこ)る。
天乃ち禹に洪範九疇を錫ふ。
彝倫の敍たる攸なり、と。

現代語訳・抄訳
十三年、武王が箕子を訪ねて云った。
ああ、箕子、天は陰かに下民を定めて、その居を保ちて安んずる。
(冥々の中に生民の住むべきところを定め、その居となる大地を治めてととのえて下さる。)
我れはその彝倫が如何に秩序立てられているかわからないのだ、と。
これに対して箕子が答えて云う。
私はこのように聞いています。
遥か昔、鯀は洪水を治めるに水性に逆らって塞ぎ、その五行の列を乱しました。
天帝はこれに震怒して、洪範九疇を与えることはありませんでした。
これが彝倫の敗れたる所以です。
鯀が死して後に禹がこれを継ぎ、天帝は禹に洪範九疇を賜いました。
これが彝倫の敍たる所以なのです、と。

禹が洪水を治めたときに洛水から現れた神亀の背にあった九つの文様とされる。

狭義では空の上の天上。思想としては世界を統べる法則そのもの。不変…
禹夏王朝の創始者で紀元前3070年頃の人と言われる。

洪範には「木に曲直と言い、火に炎上と言い、土に稼穡と言い、金に従革と言い、水に潤下と言う。」とある。これはそれぞれの性質を言ったものである。淮南子には「天地に集まった気は陰陽となり、陰陽の純粋になった気は四季となり、四季の散じた気は万物となる。積陰の寒気は水となり、積陽の熱気は火となる。」とある。水は陰のものと言っても陽がその中にある。だから水の体は内側が明るいのである。火は陽のものと言っても陰がその中にある。だから火の体は内側が暗いのである。木は少陽であるが、その体もまた陰気を含んでいる。だから側内は空虚であるが、外側には花や葉があり、茂っているのを観ることができる。金は少陰であるが、その体は強くて鋭く、殺性が外側にあるが、内側には光明があって照らすことができる。土は木・火・金・水の四つの徳を包含している。だから、その体は虚と実を兼ねているのである。


洪は大、範は規範を意味し、天下統治のための大法を記したものとされている。
洪範伝には「木に曲直と言うのは東方である。」とある。易経の観の卦の象伝には「風(巽)が地(坤)の上を行くのは観である。」とある。そう言うのは、春の季節に地上に生える木はすべて曲がったり真直ぐになったりして、そこに花や葉を観ることができる。人の威儀や容貌のようなものである。(許慎の)説文解字には「地上にあって観ることのできるもので木以上のものはない。だから、相という字は目の傍らに木があるのである。」とある。昔の王者は輿に乗る時には鸞和(らんわ)のきまりを、車を降りる時には佩玉(はいぎょく)の定めを、狩猟の時には三方は囲むが一方は開いて完全には包囲しないという取り決めを、遠方に旅する時の酒盛りに杯のやり取りの礼があった。また、何事もない時には天子は地方を巡幸せず、民衆から農業に必要な時間を奪うことをしない。これは、春は農業の始めだからである。貪欲や姦謀がないのは木の気に順(したが)うからである。木の気が順行すれば、その木の性質のように盛んに茂り実って民の役に立つのである。真直ぐな木は大工の墨縄に、曲がった木はコンパスに合う。しかし、もし君主が威儀を失って酒に耽って欲しいままになり、夫役や税金を重くし、狩猟に節度がなかったならば、木はその性質を失って、春になっても生長しないで民の役には立たなくなる。橋はその墨縄に合わない。そこで、木に曲直せず、と言うのである。

現代は洪は大、範は規範を意味を、?何も判る人はいないだろう?出来ないそれは天を上むねとは、しないから?一度だって感謝の気持ちを、もって、携えて、児島宮に(洪範)の礼のおまいりに、来た事があるか?
それよりも児島宮土地を剥奪する、やから、ばかりで、警察は何もしないのは、同じやから、は日本から排除するしかない。それは天をあざむく、やからは?みんなウイルス?
これが洪範九疇、楽市楽座。


洪範伝には「火に炎上という。」とある。炎上とは南方であり、光輝を挙げ、盛夏にあり、気が極まって上がることである。そこで炎上と言うのである。王者が明かな方向に向かって政治を行えばよく治まる。思うにその象を取ったからである。昔、賢明な王は南面して政治を行い、天下の優れた人材を集め、彼らを朝廷に置いて政治を助けさせた。また、悪い人臣を退け、彼らを朝廷から追放して政治を正しい姿に戻した。正しい人を任命できれば天下は大いに治まり、王は腕を組んだまま何もすることがない。易経では離を火とし、明としている。離を重んじ、明を重んじれば君臣ともに明かになる。明かになれば火の気に順う。火の気が順行すれば、その性のようになる。その性のようになれば、よく成熟して人々の役に立つようになる。これを用いたならば起こり、これを捨てたならば止んでしまう。もしも君主が聡明でなく賢良の臣下を遠ざけ、心が邪で口先がうまい臣下を用い、法律を無視し、肉親を疎んじ、忠義をもって諫める臣下を殺し、罪人を許し、正妻の子を後継ぎに立てないで妾の子を立てて、妾を正妻としたならば火はその本性を失って用いずして火が起こり、風にしたがって斜めに行き、宗廟や宮殿を焼き、また民の家を焼いてしまう。そこで火に炎上せず、と言うのである。

南面:天子の座が南に向いていたことから天子の位に就くことを意味する。
洪範伝には「土に稼穡(かしょく)と爰(い)う。」とある。稼穡とは種を蒔くことを稼と言い、穀物を取り入れること(収穫)を穡と言うのである。土は地道であり、万物はこの土を貫いて生えてくる。そこで稼穡と言うのである。土は中央に位置し、四季を司り四季を成立させる。中央は宮中のことで、宮室や夫婦、親族の象である。昔は天子から士人に至るまで宮室や寝処に皆高卑の規則があった。そして、古い書物には贅沢にするよりはむしろ倹約であれ、とある。禹という伝説上の聖王は宮室を卑(ひく)くして倹約したので、孔子はこれを善(よ)しとした。后、夫人、左右のそばめには差があり、九族にも順序があり、肉親には恩がある。これは、すべての人々が守るべきものである。過不足のないほどよい気に順えば土はその本性を得る。その本性を得れば百穀は実り稼穡はうまく行く。もし、君主が意を欲しいままにし、宮室や物見台を広くし、五色をちりばめ、人力を使い果たし、親疎の区別もなく、妻妾も度を過ごせば、土もその本性を失ってしまう。土がその本性を失うと気が乱れ、稼穡もうまく行かない。だから五穀も実らず、風や霧が害をなす。そこで土に稼穡せず、と言うのである。

九族:父方の四親族、母方の三親族、妻方の二親族の九親族か、高祖から玄孫(高祖、曽祖、祖父、父、自分、子、孫、曽孫、玄孫)までの九親族を意味する。
洪範伝には「金に従革と曰(い)う。」とある。従革とは革は更(あらた)まることである。規範にしたがって更まることで形が革(あらた)まって器となることである。西方にあるものがすでに成就すると殺気が盛んになる。したがって秋気が起こって鷹や隼が羽ばたき、春気が動いて鷹や隼が変化するのである。これが殺と生の二つの端(はじめ)である。(秋分には)白露が霜となる。霜は殺伐が表に現れたものである。君主は兵を教育し、軍隊を集めて不義を行う者を殺し、暴乱を禁じて民衆が安心して暮らせるようにする。


洪範伝には「水に潤下と曰(い)う。」とある。潤下とは水が湿った土地に流れ、くぼみにしたがって下ってゆくことである。北方は至陰であり、宗廟や祭祀の象である。冬は陽の始まるところであり、陰の終わるところである。終わってまた始まることは物事の締めくくりの時である。死んだ者の魂気は天に上って神となり、魄気は下降して鬼となる。天地万物の根源となる気(精気)が散じて外にあって返って来ない。そこで宗廟を作って散じてしまった気を収めるのである。易経の渙の卦に「渙は亨る。王有廟に假(いた)る。」とある。これは、このこと(散じてしまった気を収めること)を言っているのである。さて、聖人の徳はまた何をもって孝に加えるのか、孝以上のものはないのである。だから、天子は自ら耕し、器に盛った穀物を(先祖の霊)に供え、皇后は自ら蚕を養って祭服を(先祖の霊)に供える。これは、(先祖の霊に対する)尊敬の極みである。このように敬いを極めれば先祖の霊もこれに報いるのに大いなる福をもって行うものである。これは水気に順うことである。水気が順行すればその性のようになる。その性のようになればその源泉が通じて流れるようになり、民衆の役に立つようになる。もし、君主が祭祀を行わず、先祖の霊を侮り、天の時に逆らったならば水気はその性を失い、水が急に出て漂い溢れ、沈み溺れさせ、都市を壊し、人に害を与える。だから水に潤下せず、と言うのである。


http://homepage1.nifty.com/haruakira/library/gogyoutaigi/f_04.html







 

瓦礫土器(須恵器)とは

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2014年 7月 4日(金)15時35分20秒
編集済
  「瓦礫土器」
世にいう瓦礫(がれき)の山も学問にとっては宝の山であるという意味。

ここでは「夏礼」に喩てという意味。

神々の儀式とは天空に喩えるという意味。

ここに神々の対象とは、天空に喩えるという意味。

「瓦礫」として重要な役割を担ってリサイクル巡廻されていること. が確認されました 。

土器保管庫http://www.um.u-tokyo.ac.jp/museum/ouroboros/06_03/field.html

皆さんはガレキと聞けば,何を想像されますか?古代人が作った可能性

今回の発見は、土器の発明という人類史上最大級の技術革新について、新たな視点を提供している。

道端に、古代の土器の破片らしいものが落ちていたとしましょう。あなたならどうしますか。拾って持って帰りますか。地域の歴史協会や教育委員会に届けますか。放っておく?日本では、この点があやふやですね。

瓦は、『?文』に「土器已燒之總名。」、礫は、『?文』に「小石也。」とある。茶の木は深根性の作物で、水はけの良い、酸性土壌を好み、下層に礫を含んだ粘土または礫質壌土の地域での茶が生育がよいという。



 

沈みゆく日本

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2014年 6月21日(土)17時37分24秒
編集済
  大災害は良く予期せぬときに起こる、と言われています。
今の世界に何が起きているか、
まるで世界中が突然変異の狂人であったことが伺えます。

今の政治は憲法改正ばかり、しているが、政治ではない、狂人のふるまい、でしか、ありません。
与党も野党も政治ではない、狂人のふるまい、でしか、ありません。
仕方がないでは、すみません、それは誰が被害を被ることに、なり、税のアップは国民の生活を、追い詰めます。

礼政不一致、これに対して与えられるもの、・・・そう天変地異なのです。
http://itaru-uesaka17.seesaa.net/article/182752477.html

中国の歴代皇帝がもっとも恐れたものそれは「礼」であった。

(封建制度)。それらの秩序を守る規範として「礼」が必要になった。政治の支柱を担うのが「宗教憲法政治」から「礼」に変わったので、礼政一致と言われた。今はその逆になっている。
ゆえに、
やはり、大災害、天変地異は人々の心の驕りから起こる。
天変地異と言う神の怒りである。

礼儀作法を失うと飛んでもない結果になると言う事である。
古代中国の人々は天変地異を天帝のお怒りと感じ、天を敬っていました。

新興宗教や憲法政治制度とは突然変異の狂人であったことが伺えます。

人間が神様に不道徳なことを行えば、天変地異が人間に下されたのです。

礼政が不一致になると、
人間が神様に不道徳なことを行えば、天変地異が人間に下されたのです。
心当たりはありませんか?
天災が起きていませんか?それは、人間が、引き起こしているという事の現われでもあります。
いったい何を、人間が引き起こして、いるというのか?誰も気が付いてはいません。

つまり日本の新興宗教や神仏までが、伊勢や天皇と宮内庁、神社庁なんて礼政までもが、不一致になっているのです。
他国でも中国でも同じように、共産党政治が、続いているので、災害や天災が続いているのです。
ここにも礼政が不一致になっているのがうかがえます。
日本とて同じことです。

ここに、神の国として、世界に示さなければ、ほど日本民は禹の祭祀、が重要な事が、判りました。



 

閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2014年 6月19日(木)09時53分20秒
編集済
  考古学的な証拠、7000年前にさかのぼる浙江省に 「 河姆渡文化 」のサイトには、家族が越の文化によって作成された可能性が高い。


閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城

戦国時代に楚によって滅ぼされた越人がこの地に逃れ、現地の百越族と共同して樹立した。存在期間は紀元前333年から紀元前110年頃とされる。

閩越王無諸

春秋時代後期から戦国時代(紀元前475年 - 紀元前221年)前期にかけて、勾践により復興され、現在の浙江省紹興市一帯に存在した越であるが、紀元前334年に勾践7世の孫無彊が楚との戦いに敗れて殺害され、ここに越は滅亡した。越の王族は海路閩に入り、越の国人も遷山(現在の福建省長楽市)に至った。

紀元前202年、漢朝は無諸の支援に感謝して閩越王に封じ、閩中の統治を認めた。無諸は仙游一帯をその影響下に置いた。またこの年、無諸は閩越王城の再建に着手している。

閩越王城は面積約48万平方メートル、4つの城門を有していた。東西城門間には丸石で舗装された10メートル幅の大通りが整備され、通りの北側には2万平方メートルの宮殿区が設けられた。当時の閩越は東南一帯の最大勢力であり、王城も現地最大の都市であったと考えられている。

無諸の死後、その子孫の間で内訌が発生し、しばしば内戦に及んだ。そうした中でも北方の東甌、南方の南越を攻略し、百越諸民の服従のみならず周辺諸国の朝貢をも実現し、前漢南方の一大勢力となっていた。

東越王余善の時期には「武帝」の玉璽を刻印し、皇帝として自立、反漢の兵を挙げた。この時期の漢朝は武帝の治世下で国力が充実していた時期であり、地方勢力の強大化に反対していた時期である。武帝は匈奴を攻略して北方を安定させた後、数十万の兵を閩越に派兵した。同時に漢朝は閩越に対して政治工作を行い、一部勢力を漢朝に帰順させることに成功している。事前準備を整えた武帝は紀元前110年、大軍をもって閩越を江淮の内地へ遷すことを命じ、閩越族は姿を消したした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A

これが日本の始まりで、その名九州制度は、越の慣習から、はじまった、呼び名である。
夜須の起こりは、会稽夏王朝の都安邑に因み、都の名としてつけていた。


魏略逸文に「聞其舊語、自謂太伯之後」とある。「(倭人に)古い中国語を何故使うのかと聞いたら太伯の後裔だからだと自ら答えた」という意味である。太伯は中国周王朝の文王の叔父に当たり呉の租とされる人物である。
ここで倭人とは、夏王朝族ではない? 殷族(またはインドラ)と呼ばれた民族のことてある。
夏王朝を倒して、覇者に上り詰めたのが、
この殷族(またはインドラ)で、肘王の時、元の夏王朝の、王の女が、殷の周の国王に嫁いだ事により、和人は始まった。子の次男が武帝と名乗った。
肘王の家臣に、箕氏が、周の叔父にあたる人で、
肘王がそれを、疑い、出したので、箕氏は、周国に身を寄せ、
遂に、殷の肘王は、周国から打倒された。

これから、戦国春秋時代の七雄が、武帝の子に、始まった。
殷が倒れた時、箕氏は武帝により、朝鮮を統治してほしいと、言われ、秦の始皇帝から倒されるまで、箕氏朝鮮が続いた。
周の中心は呉国で、所謂宗家にあたった。
ここに呉越は縁戚が、続いていたがこの呉も、夏王朝の宗家越王、と争った、越王勾践と夫差の戦いは、後々まで語り継がれている。
これにより、中国の覇者は、越王勾践の越国が、なってのである。

春秋時代に呉の領地だった淮河下流域はその後に越に征服され、更に楚、秦と統治者が変わっていった。

この以前、呉越で呉が、越を下した頃、呉の重臣、は楚の国の生まれだが、王から父が殺されたので、呉に身を預け、恨んで憎んでいて、楚の国を呉゛が下した時、楚王の墓から、王を引き出し、死体に鞭打った、という。
越王が呉国から帰還して再び、夫差に挑んで、遂に、呉を下したという。
この後、覇者となった越王は娘を楚の昭王の正室に送った、その子が楚の恵王で、越国は、この楚国から下されいる。

この後閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城がある。

戦国時代に楚によって滅ぼされた越人がこの地に逃れ、現地の百越族と共同して樹立した。存在期間は紀元前333年から紀元前110年頃とされる。

 

洪範九疇(こうはんきゅうちゅう)は、中国古代の伝説上、夏の禹が天帝から授けられた、天地の大法

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2014年 5月30日(金)10時48分26秒
編集済
  「洪範九疇」
九法(きゅうほう)などともいわれる。洪は「大いなる」、範は「法(のり)」、疇は畝で区切られた田畑の領域から「類(たぐい)」の意味である。

「天、象を垂れ、吉凶を見(あらわ)す。聖人これに象る。河は図を出し、洛は書を出す。聖人これに則る」とある。

八卦を作り、禹の治水の時に現れた洛書が洪範九疇であったとした。さらに『尚書』の偽孔伝では夏の禹の時、洛水から神亀が文字を背負って現れたが、そこに九に至る数字があり、禹がそれにもとづいて作ったのが九疇であったとされた。

政治道徳の九原則。五行(ごぎょう)・五事・八政・五紀・皇極・三徳・稽疑(けいぎ)・庶徴(しょちょう)・五福の九つ。

天下を治める大法を述べた書。その大法は五行,五事,八政,五紀,皇極,三徳,稽疑,庶徴,五福・六極で,洪範九疇と称される。

自然界に通常に見いだされ,かつ日常生活に必須の基本的な物質をさす

宇宙を構成する基本的な5元素道理、=基本的な物質をさす尺と鋏
だが今の憲法は、どうりがなく、
『洪範九疇』に触れた場合は、自分の不安が外れるかも。『洪範九疇』に成り代わった場合は、懐かしむ出来事が起こるかも。


洪範篇では,夏の禹王が天から授かったという9種類の天地の大法,いわゆる〈洪範九疇(きゆうちゆう)〉の第1に五行をあげたうえ,五行それぞれの性質を,水は潤下(じゆんか)(ものを潤して低きにつく),火は炎上(燃えて上にあがる),木は曲直(曲がりまたまっすぐになる),金は従革(自由に変形する),土は稼穡(かしよく)(種まきととりいれ)と説明している。

遥か昔、鯀は洪水を治めるに水性に逆らって塞ぎ、その五行の列を乱しました。 天帝は
これに震怒して、洪範九疇を与えることはありませんでした。 これが彝倫の敗れたる
所以です。 鯀が死して後に禹がこれを継ぎ、天帝は禹に洪範九疇を賜いました。

洪範九疇を作り、中軍民族の文化の礎を築いた 。


洪範九疇の類語、関連語、連想される言葉. 九功(きゅうこう)
この五要素で万物の生成、発展、消滅の循環を説くようになったものです。その循環原理として、相剋(勝)説と相生説があります。

「洪範九疇(こうはんきゅうちゅう)」. 意味は、 模範とすべき重要な政治道徳のこと。
九天とは天の総称


カテゴリは、事柄の性質を区分
する上でのもっとも基本的な分類のことである。カテゴリーとも表記する。語源はギリシア
語の κατηγορια。漢訳語では範疇 (はんちゅう) であり、洪範九疇に由来する。

どうり【道理】とは。意味や解説。[名・形動]1 物事の正しいすじみち。また、人として行う
べき正しい道。ことわり。「―をわきまえる」「―に外れた行為」2 すじが通っていること。正論であること。

「道」の「理(ことわり)」や。辞書には「物事の筋道」の事。

児島祖は姒古代中国祖も姒氏. 児島祖は ... 家門を過ぐれども入らずかこう うじせい ぶんめいこんせんぎょく夏后氏禹は姒姓. なり。 ... 名は、文命(ぶんめい)、大禹 、夏禹、 戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝創始後、氏を夏后とした。
http://d.hatena.ne.jp/muoon/20110920
http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/661




なので今の憲法は、どうり真実というのは、全然ありません。例司法に於いては、検察も警察も法務局でさえも法律の、真実は無用としています。
筋道なんて、警察は、どうでもいいと、云いました。
なので憲法からすれば、法律に関しては、どうでも、いいという事になります。
字図は市役所から、お金で、受取、でも、建設課から、いうと、間違いないとは言い切れないので、法務局しか、判らないといわれ、たが、区画は、筋道ではないので、書き換えられるように、法律が憲法が、定められて、いるので、
書き換えられますという。これを追及するには、裁判しかないといいます。固定する洪範九疇が、憲法には無いのです。どうなっているの、この国は? 法事国家と司法の弁 なんだあーそれ?



なので、検察も警察も法務局も、罪や悪の味方になっているのです、国民が知らないだけです。
政治がこれですから、国会議員の給料は月二百万円で、国民の給料との差が大差があり、平等ではありませんね。
国民も又、それに追随していますね。

憲法から離れると、平和で、安心できるようになると「洪範九疇」
道理
に反することがまかり通る世の中なら、道理にかなった正義は行われなくなるということ。



 

天地抱き合わせの理布江を象る夫婦 伏義と女媧

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年 4月16日(水)19時45分17秒
編集済
  祖型の基盤古い時代の遊戯盤が発掘されている地域は、ペソポタミア地方。
構成し運行させる循環の律動とんどがそのものである宇宙。
天地を象りて万物を弁ずるな間有り、八卦を法る。


「つとめ」とは、「天と地を象って夫婦を拵え来るな、これがこの世の始めだし」
壊れた時に現われる、布江?高徳
道理が二つとあるものではない以上,どうして天地の神々とその作用を同じくせずにいられようか。

かたどる【象る/模る】とは。意味や解説。[動ラ五(四)]《「形取る」の意》1 物の形を写し取る。
「象形文字」って、ものの形を象った文字という意味です。
「象る」 さて、これ何と読むでしょう? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 正解は「かたどる」

象る姿は坐忘のはじまりです。注連縄
端坐して、形を忘れ、我を忘れ、 天地万物一切を忘れる動きです。

日本を象る?日の丸 児島宮より伝えられた法?




 

現代は似ても似つかぬものなり

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年 3月29日(土)09時50分56秒
  天地の大法、自然の理念とは「蒔かぬ種は生えざる事」なり。
倣い道理、筋目(すじめ)とは道理である。

「物と物との相関連する道理。

現代は似ても似つかぬものなり。

伝統に倣い個々の意思決定が道理に適ったものになるが、明治以降は、似ても似つかぬものなり。


 

レンタル掲示板
/8