teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


CV-6の塗装

 投稿者:鳶色  投稿日:2016年 2月29日(月)00時24分47秒
返信・引用
  失礼致します。


 少し前に軍艦大好きさんが、CV-6の塗装について考察されていましたが、私はメジャー12という情報は今まで未見でしたので、少々驚きでした。
もし、宜しければ、情報源を御教頂けないでしょうか?書籍(?)番号等、御教頂けると幸いです。
私が写真を見た感じでは、メジャー11の塗装で、格納庫甲板のナックルライン上下で明暗が出来ている、光のいたずらの様に感じますが・・・(例えば、メジャー12「シミ」のCV-7でも同様に格納庫部分で色が明るくなり、オーシャングレイが艦橋のヘイズグレイと同じ明度になっている写真が有ります)。


失礼致しました。
 
    (管理人-軍艦大好き-) (^^)

鳶色さん、ご無沙汰です。

 ご指摘のCV-6の迷彩塗装色の件、正直いうと私も半信半疑状態で、昔はメジャー11塗装を信じていたのですが、学研の歴史群像シリーズ№53「アメリカの空母」において大塚好古氏が、空母の迷彩にはメジャー11が採用されていないような文章を掲載されていたためです。この書籍が発売されてから、メジャー12塗装なんだな~と思っていました。艦スペの作例でもメジャー12塗装の作品がありましたが、これはこの大塚氏の記事を再現しているものと推察します。しかし、実際1942年頃のモノクロ写真数点を眺めると、確かに明度差によってツートンカラーに塗り分けられているように感じるのですが、鳶色さんのおっしゃるとおり光の屈折でそう見える可能性も高いと思います。塗り分けラインは格納庫部分が垂直で艦体側面は斜め下向きなので、確かにただの光の反射による明度差...にも思えますね。メジャー11塗装の方が太平洋艦隊塗装色とういことで辻褄が合うため、迷うところです。(-_-;)

 また、この書籍ではCV-2レキシントンの迷彩もメジャー14としていて、当時カルチャーショックを受けましたが、現在はメジャー11塗装だったのではないかなぁ~と個人的には考えています。
 
 

2015年を振り返って

 投稿者:軍艦大好き  投稿日:2016年 2月13日(土)08時44分57秒
返信・引用
  皆さん、おはようございます。 (^^)

 昨年を振り返るには二月も中旬と遅い話になりますが、年明けから多忙の毎日でして、やっと一息できたので我が造船所の2015年を振り返ってみます。

 ここのところ、建造意欲の低迷と老眼の進行によって当造船所の竣工艦は激減していますが、昨年は7隻の艦艇を竣工させ、1隻の改装工事を行ったので合計8隻を手がけました。しかし、内容はというと...軽巡や駆逐艦、護衛艦と小型艦ばかりの結果で、大型艦の竣工は皆無...です。(T_T)

 昨年の1/700艦船キットの発売状況はフジミ、アオシマ、ピットロードが中心で、タミヤとハセガワがほとんど無いものとなり近年の傾向と変わらない状態です。しかし、ここのところの艦船ブームにより主要艦艇の製品化やリニューアルが一段落ついてしまったようで、マニアックな艦艇の発売が目立ってきました。アオシマはその究極で、一昔前には発売が考えられないものばかりを発売しています。

 昨年の新製品において個人的に嬉しかったキットは、ハセガワの天龍型軽巡とアオシマの英空母「アークロイヤルⅡ」、フジミの回天搭載母艦「北上」の発売でしたが、今年はどのような展開となるのでしょうか?

 アオシマはすでに英空母「ハミーズ」の開発中を公表してるし、タミヤには米空母「レキシントン」の発売を期待したい...。ハセガワにも空母「加賀」のリニューアルを期待したいし...、フジミには空母「神鷹」を開発してほしいな。…とあくまで個人的な願望を言ってますが...。(^^;

 当船台では第四船台の「赤城」を建造開始しなければ...。船台にあげて2年も経ってしまった。また、第五船台の「エンタープライズ」も...。と頑張らなければいけないことばかりなんです...。(^_^;)

 …で、我が造船所において突然ですが、第三船台が空きましたので急遽、軽巡「龍田」を建造することになりました。理由は先日ヤマシタホビー製の駆逐艦「吹雪」を撮影後、同じ保存ケースに入れていた軽巡「天龍」、駆逐艦「島風」ともども移動途中にあやまってケースごと落下させてしまい...各艦とも大なり小なりの破損...。(T_T) 最も重症だったのが艦体に錘を入れていた「天龍」で、落下した際に飛び散った部品が見当たらず、仕方ないので同型艦「龍田」の部品を流用しました。このために「龍田」を建造する意欲が湧き上がり、ストック消費という観点からも「天龍」の時と同様にまず旧キットを建造することにしました。新規キットについては「天龍」を開戦頃の姿で再現したので、「龍田」は1942年頃で建造しようと思っています。

 …長くなりました。m(_ _)m
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:カンプグルッペ  投稿日:2016年 1月11日(月)23時46分8秒
返信・引用
  軍艦大好きさん明けましておめでとうございます。
色々拝見させて頂いて、参考にさせて頂いています。
気力・時間・視力の衰え等お書きでしたが、頑張ってください。
今年もよろしくお願い致します。
 
    (管理人-軍艦大好き-) (^^)

カンプグルッペさん、ご無沙汰してます。明けましておめでとうございます。

気力と視力の衰えがかなり響いており、建造工程が停滞していますが、頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします。(^^ゞ
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:EISEN-WOLF  投稿日:2016年 1月 6日(水)22時05分59秒
返信・引用
  軍艦大好きさん明けましておめでとうございます。
また当ブログと神通へのコメントありがとうございます。
今年は日本艦艇だけでなく、アメリカ艦艇も製作したいなと思っています。
軍艦大好きさんのホームページを見ていると、サウスダコタ級やニューオリンズ級も
早く製作したいところですが、まずは1隻作ってみることにします(*^-^*)
それとCV-6エンタープライズの完成を楽しみにしています。

http://blogs.yahoo.co.jp/eisenwolf6

 
    (管理人-軍艦大好き-) (^^)

EISEN-WOLFさん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

軽巡「神通」、拝見しました。タミヤの「阿武隈」の船体を使っての建造、面白いです。華麗にまとまっていると思いました。
今年は、空母の建造を予定されているようで、一隻は空母モドキということで、伊勢型航空戦艦かしら?
…楽しみです。(^_-)-☆

CV-6は、建造開始しないといけませんね。
 

謹賀新年

 投稿者:KHX  投稿日:2016年 1月 4日(月)01時16分48秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

結局、昨年1年は艦船模型に関しては、完成0、在庫増0という情けない状況です。
今年は1つくらいは完成させたいですね。

http://www.saturn.dti.ne.jp/~k-hibi/

 
    (管理人-軍艦大好き-) (^-^)

KHXさん、遅くなりましたが、新年明けまして、おめでとうございます。

昨年は艦船模型を一切製作されなかったとの事。でも、購入もまったくされないのならば、よろしいのではないでしょうか。

私は、買うだけ買って積む状態が続いています。…ほとんど無謀状態です。(-_-;)
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:手羽先鬼  投稿日:2016年 1月 2日(土)03時11分47秒
返信・引用
  本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年も、積みを消化してもそれを上回る補充が治りませんでした・・・。

http://decchiage.web.fc2.com/

 
    (管理人-軍艦大好き-) (^-^)

手羽先鬼さん、遅くなりましたが...明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

正月も休み無しなもので...、しかも多忙...。疲れから体調不良です。

在庫を一生懸命消化してもそれを上回る数を購入しているのは、私も同じです。しかも、積んどいたらいつの間にかリニューアルされて旧キットになってしまったものも少なくなく、非常に残念に思っています。これらのキットも何れ製作したいと考えていますが、建造能力の低下により、引退するまでに作れるかな?
 

CV-6エンタープライズの迷彩について

 投稿者:軍艦大好き  投稿日:2015年12月 9日(水)18時14分9秒
返信・引用
  皆さん、こんばんは。(^^)

 我が第五船台にて準備中のCV-6、艦体塗装色について未だに悩んでいます。真珠湾攻撃前では、おそらくMS-1の塗装だったようで、艦体は暗いグレー、飛行甲板は赤茶色の塗装だったものと思っています。この頃の作例を見たことがないので、再現するのも面白いなぁ~なんて感じます。

 その後、メジャー1シリーズが実施されると、太平洋艦隊の多くの艦艇はMS-11塗装で塗られています。これは単色迷彩で、海の色に似せるための迷彩です。色味は「シーブルー」でネイビーブルー色より明るい色とされています。当時の戦艦や巡洋艦、駆逐艦が行っていた塗装であり、空母ではレキシントン級空母がこの塗装だったと思っています。(CV-2やCV-3はMS-14塗装だったという説があるのですが、個人的にはMS-11だと思っています。)

 CV-6の同型艦CV-5ヨークタウンやCV-8ホーネットは元々大西洋艦隊所属の空母であったので、MS-12迷彩で塗装されていました。(CV-8は竣工後にMS-12塗装からMS-12改塗装に変更しました。)大西洋艦隊所属の艦艇は多くがMS-12またはMS-12改塗装だったので、CV-5やCV-8がこの塗装だったことは納得できます。真珠湾攻撃後に急遽太平洋艦隊支援のため配属転換されたため、塗装色の変更をせずにミッドウェー海戦に参加しています。但し、CV-6については、元々太平洋艦隊所属なのでMS-11塗装が行われるのが普通と思うのですが...、最近の考証や自分なりの検索でもMS-12塗装であったと考えられます。残された白黒写真を何度も繰り返してみましたが、艦体と格納庫より上部構造物の塗装色には明度差がハッキリとあるのです。但し、艦首フレアー部分の色分けは同型艦CV-5と異なっているようで、錨鎖甲板レベルまでシーブルー色で塗られているように感じます。

 今回建造予定のCV-6はミッドウェー海戦時仕様で製作するので、まさにMS-12塗装の作品となるのですが、なぜ、CV-6のみ太平洋艦隊通例のMS-11塗装でなくMS-12塗装だったのか...。この意味が分からず...なんとも腑に落ちないで悶々とした気持ちでいます。
 

1/350、長門1944ほか

 投稿者:手羽先鬼  投稿日:2015年11月19日(木)21時00分36秒
返信・引用
  こんばんは。
木曽改二の他に、この夏から秋にかけて建造していたものです。

一枚目は架空艦、海上自衛隊戦艦「BB-011やまと」です。
9年前に艦船模型に出戻って以来、スラヴァ級の存在を知って以来部品を集めていました。
ハッキリ言って、「大和型戦艦の両脇にでっかい8連装ミサイルを搭載」がやりたかっただけなので、副砲と高角砲を130㎜砲に・25㎜機銃を20㎜CIWSに置き換えた以外は行き当たりばったりです。

二枚目はハセガワの1/350長門で、レイテ沖海戦時バージョンです。
基本的には素組で、主砲や副砲の砲身と防水布を金属製のアフターパーツに置き換え、あとは電探などキットパーツではイマイチと思った部分をジャンクパーツ漁って換装した程度です。

三枚目は、1/350英国海軍巡洋戦艦フッド、外国製キット初挑戦です。
中学の時にタミヤ製のを作ったんですが、この艦だけはその当時から非常に美しいという印象が強く、出戻った後発売されると知っていつかは建造したいと思い、主砲・高角砲・スクリュープロペラが金属製のグレードアップパーツ同梱版が出た時点で購入、長いこと積んでいましたが長門完成後に起工・数日前に就役しました。

http://decchiage.web.fc2.com/

 
    (管理人-軍艦大好き-) (^^)

手羽先鬼さん、ご無沙汰です。 返事が遅れて済みません。

「BB-011やまと」、「長門1944」、「フッド」の投稿写真、ありがとうございました。

…個人的には、架空艦には興味が無いので、「長門」と「フッド」の画像を楽しみました。特に、「フッド」はいいですねぇ~。自分も作りたい艦です。しかし、1/350の艦船はやはり迫力ありますね。まさに“威風堂々”です。(^^♪
 

武蔵の高射装置について

 投稿者:contax2  投稿日:2015年11月15日(日)18時36分14秒
返信・引用
  発見された高射装置の測距儀覆いは如何にも不細工な急造のようですがなぜ新造時の覆いから改造されたのでしょうご存知の方はご教示ください。  

新造艦

 投稿者:軍艦大好き(管理人)  投稿日:2015年11月14日(土)13時04分56秒
返信・引用 編集済
  皆さん、こんにちは。 \(^^)/

 第1船台は工程が伸び伸びになってしまいましたが、駆逐艦「吹雪」が無事に竣工しましたので、次の建造艦を何にしようかなぁ~と悩んでいましたところ、ふっ…と、商船構造の艦を建造しようと思い、最近購入した給糧艦「間宮」にすることにしました。

 艦船模型のモデラーに復帰して、かれこれ21年もの歳月が流れますが技量的には匠の技を目指し訳でもなく、楽しんで製作をモットーとしたために未だにそこそこの技量です。(~_~;)

 空いていた第五船台では...これまた何を作ろうかなぁ~と悩んでいましたが、米空母「CV-6エンタープライズ」をとうとう建造することにしました。…過去、何回も企画して挫折した経緯があった艦なので今回は肝を入れて作ろうと思います。(~_~;)
 CV-6の建造にあたり、1942年時で行こうか...1943年時で行こうか...、はたまた戦前仕様にしようか悩みましたが、気持ち的にはメジャー3のCV-6を再現したいのですが、キットの構成から考えると1942年以前の方が建造しやすいのです。悩んだあげく...今回はミッドウェー海戦時仕様の1942年時とすることにしました。この海戦に参加した同型艦2隻はすでにこの1942年時状態で竣工済みなので、今回のCV-6が完成すればヨークタウン級空母がコンプリートとなります。

 そこで、最初に悩んだのが当時のCV-6の塗装です。比較的古い資料ではメジャー11が支流となっていましたが、最近ではメジャー12が正しいようなので、これで行きます。しかも、メジャー12塗装は両艦CV-5と同じ塗装なのですが、少し塗り分けが違うのです。これをキチンと再現したいと思います。(*^^)v

 なんだかんだと...新造艦の選定が一番楽しいのですが、またダラダラと建造しますので、よろしくお願いします。 (_ _)

 

レンタル掲示板
/59