teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


まだですかい

 投稿者:VーMAX1700  投稿日:2017年11月18日(土)00時01分47秒
  例のブツ
まですかい?
ぐふふ・・・
 
 

今回は

 投稿者:GSF  投稿日:2017年11月 5日(日)21時50分51秒
  今回は転ばす帰ることができました
おさわがせしました!
内湯あ、熱めが好きですよー
ありがとうございます
 

お世話になりました。

 投稿者:V-MAX1700  投稿日:2017年11月 5日(日)11時35分56秒
  露天でのむ
ビールは相変わらず最高!!

いつも
そうですが
記憶が飛んでます。
空気が薄いからか・・・・・

例のブツ
手配のほど宜しくお願いいたします。
 

専務のブログ

 投稿者:名古屋の常連  投稿日:2017年 8月 2日(水)09時18分34秒
  久しぶりに専務のブログ更新しましたね。
今までと違ってかなり長編作でした。
かなりストレス溜まっているなぁ!と心配になりました。
多田さんは、真剣に山奥(事実)大鹿村の今と将来を考えている人です。
頑張って下さい! 小さな事でも、今出来る事、明日、明後日出来る事、やった方がいいと思う事、少しずつでも実行、検討して下さい! 皆さん可能な範囲で結構ですから、力合わせて頑張って下さい!
何度も大鹿村にお邪魔しましたが、こんな山奥の村(すみません。事実です。)で、村を盛り上げようとしているパワーを感じています。
だから大鹿村 大好きです。
赤石荘 食事楽しみに通ってます!
自爆しないで、そんなリピーター殆どですよ!
今月下旬 またお邪魔したいなぁ~!
生命の洗濯に!
 

ぶつだけど・・・・

 投稿者:急がば必要以上にまわれ  投稿日:2017年 7月10日(月)22時59分56秒
  雨で行けなかった、、、
縁がないのかーーーまたらいねんヽ(・∀・)ノ
 

まだかな?まだかな?

 投稿者:Z1000MKⅡ  投稿日:2017年 5月10日(水)11時55分25秒
  本日は
こちら雨模様です。

だんな
例のブツですが
まだですかい?
グフフ
 

さびれてますね

 投稿者:孤高の旅人  投稿日:2017年 5月 3日(水)09時57分12秒
編集済
  掲示板と言い、専務ブログも更新がほとんどなく、将来の赤石荘の姿ですか?
また、奥さんのヤフーブログも放置ですしね。

情報は発信してこそ意味があるのです。毎日とは言いませんが、最低でも
2日に1回情報発信です。

頑張れ赤石荘!!
 

ず~っと頑張って!

 投稿者:名古屋のキタ  投稿日:2016年12月21日(水)20時44分45秒
  久しぶりに専務のブログ見ました。相変らず多田節ですね!大腿骨大丈夫ですか?最近少しご無沙汰しており、大変申し訳ありません。今少し体調悪く休養してますが、こんな時こそ、赤石荘へ行って命の洗濯すれば、好調になるな!!!と思います。行きた~~~い!!! 色々あって年末年始すぐには行けませんが、なるだけ早く(冬タイヤ無いから、雪降らないこと祈って)行ま~す!!! 名古屋の赤石荘大ファンだから!(赤石荘からの帰り道の峠から、翌週の予約入れていたのに…)。専務、奥さん、お姉さん 頑張って下さい!  

11月16日の専務日記

 投稿者:名無しさん  投稿日:2016年12月10日(土)09時26分8秒
  私は大鹿在住の、赤石荘ファンです。
11月16日の専務の日記を読んで超共感!そうなんだよね…ほんと新聞やTVは面白おかしく書きすぎ言い過ぎ。それが彼らの仕事なので仕方がないんだけど、県内どこへ行っても、大鹿ですなんて言った瞬間から腫物のように扱われて本当にウンザリです。
私はリニアの反対派でもなく、かといって賛成でもないんですが、大鹿の人ってみんな反対なんでしょ?という風潮は許せないです。
ネガティブな要素って、そりゃあいくつもあるけど、そんなこと言ってしまったら、自分の首を自分で絞めてることになって余計に人が離れていくのは当たり前ですよね。
逆転の発想でメリットにも注目してどうやったら生き残れるか、盛り上げられるかを考えていきたいと思うのです。
究極、私は別に人が減っても良いと思うんです。残った者たちが楽しければそれで幸せだと。
きれいごとの御託では終わらせません。
大鹿人の底力は必ず有言実行します。絶対に大鹿村は生き残ります。
裏表のない専務の言葉と、それを発信してくれた勇気に感謝します。
私は、相変わらず赤石荘さんを応援したいと思います。
専務さんの人柄、女将さんの笑顔、従業員の皆様へ。大鹿村の名無しより
 

赤石荘騒動記

 投稿者:まつ  投稿日:2016年10月23日(日)15時13分18秒
編集済
  「大鹿歌舞伎」秋の定期公演には、県内外からおよそ1,000人の見物客が詰めかけ、会場となった「市場神社」境内は、異様な熱気に包まれた。

「○○君いいぞぉ~」
「校長先生頑張ってぇ~」

地歌舞伎ならではの掛け声と共に、大量の「おひねり」が宙を舞う。
今回は、1年ぶりに復帰を果たした「赤石荘」の荘主が、「大鹿軍内」役で登場。
コミカルな動きと、アドリブの利いたセリフで、会場は爆笑の渦に。
芝居が終わると、役者と見物客が一体となって、締めの「手打ち」が行われる。
「シャンシャンシャン、オシャシャのシャン」
雲一つない秋晴れの下、公演は盛況のうちに幕を閉じた。

芝居の余韻に浸りながら「赤石荘」に到着すると、夕餉の支度に追われる荘主の姿があった。
顔にはまだ化粧の跡が残ってる。すっかり落とす間もなかったに違いない。
三面六臂の活躍ぶりに敬意を表しつつ、絶景の露天風呂に浸かって疲れを癒し、極上の料理に舌鼓を打つ。

荘主、若女将を始め「赤石荘」の皆様。この度は暖かいおもてなし、本当にありがとうございました。
おかげ様で、至福のひと時を過ごすことが出来ました。またお邪魔させて頂きます。
 

レンタル掲示板
/20